ハピネス

2013.12.01 UP

「年の瀬に後悔したくない女性」52円でも美しく着飾っている女性【第3回】


e566f0053ddd6fa140039084e26023d9

他人の台所事情はまったくもって見えないもので、いつも美しく着飾っている女性が、実はキャッシングで暮らしているということだってあります。

お金がない人にとって、「年の瀬に感じたくない気持ち」とは「こんな残高でどうやって年を越すのだろう? そもそも年を越せるのだろうか」という不安でいっぱいの気持ちでしょう。毎年、年末に自殺者が増えるのも、お金にまつわる「思い」からだ……というのは、よくニュースで見聞きしますよね。借金を苦に……ってヤツです。

大丈夫。52円しかなくとも年を越せます。もうずいぶん前のことなので、52円でどうやって年を越したのか、細かいところは忘れましたが、ぼくは52円で年を越せました。手持ちのお金も通帳の残高も全部合わせて52円です。正確には、心配してもしなくても「年は勝手に明ける」ということでしょうけど。

 それが、勝手に年はあけてくれなかった>>

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ