ハピネス

2015.05.15 UP

【アラサーが転機だった!】海外で恋愛!結婚生活に漕ぎつくまで(まゆみ編)


iStock_000061557558_Small

オーストラリア、イギリス、フランスを舞台に暮らす3人の女性に、リアルな海外生活の声を聞いてみました。

今回は29歳のときにワーキング・ホリデー制度を利用して、オーストラリアへ渡ったまゆみさん(大阪府出身41歳・シドニー在住)のお話・中編です。

前編の「オーストラリアへ渡航を決めた理由」に続き、オージー(オーストラリア人)の恋愛観についてお話をうかがいました。

 

日本人女性は年齢に関係なく、モテます

0001

オーストラリアは、それほど努力をしなくても出会いのチャンスが多いと思います。

とくにシドニーのような大都市では、出会いの場所もたくさんあります。

うれしいことに日本人女性は年齢に関係なく、とにかくモテます!

オージーに限らず、日本人女性に好印象を持つ外国人男性は多いみたいですよ。

わたし自身も35歳で結婚するまでは、オージーだけでなく、さまざまな人たちとの恋愛を楽しみました。

 

70代のおじいさんとデート!

0004

親切にしてくれた70代のおじいさんからお食事に誘われたときのこと。

こちらは「いいおじいさんだな〜」と思って食事へ出向いただけなのに、先方はデートのお誘いと捉えていたようで、食後の展開を期待していたみたい。

オーストラリアでは年齢に関係なく、自由に恋を楽しむ風潮があるということを、このとき初めて知りました。

男性に誘われたときは年齢に関係なく、そうなってもよい相手かどうか考えるようにしましょう(笑)

 

ゲイもレズビアンも大歓迎!

0003

近頃、国内でも同性カップルに対する認知度が上がっているようですが、オーストラリアでは当たり前のことです。

わたしが暮らしているアパートの隣にもゲイカップルが暮らしていますし、スーパーやカフェでも同性カップルが仲良くしている姿を見かけます。

 

シドニーは世界でも5本の指に入るぐらい、ゲイの多い街なのです。

当地では「Mardi Gras(マルディグラ)」と呼ばれる、世界最大級のゲイの祭典が開かれることでも有名。

毎年催される華やかなパレードを鑑賞しようと、世界中からたくさんの人が集まります。

 

移民が多く、多様な価値観が共存する社会だからこそ、ゲイの方々や私たち外国人にも寛容なのかもしれませんね。

 

0005

おじいさんに始まり、フランス人ミュージシャンなど、国際恋愛を謳歌していたまゆみさん。

「そろそろ結婚を……」と考え始めた30代半ばに、日本語教師のアルバイトを通じて知り合った現地の男性と結婚

現在はユーモアのセンス抜群の旦那さんと2人の可愛い娘さんと、シドニー郊外で暮らしています。

今年でなんと、オーストラリア生活は12年目だそうです!

 

次回の記事では「海外生活で楽しいことや、国際結婚の大変さ」を含め、シドニーの日常を伺ってみたいと思います。

iStock_000003199595_Small

※まゆみさん(オーストラリア)のインタビュー記事

【アラサーが転機だった!】私が海外で生活するようになるまで

【アラサーが転機だった!】海外で恋愛!結婚生活に漕ぎつくまで

【アラサーが転機だった!】移住や国際結婚はどれほど大変なのか?

※かなこさん(イギリス)のインタビュー記事

【夢を叶えたい!】海外に飛びだしたアラサー女性の実態!

【夢を叶えたい!】東南アジアvsヨーロッパ、暮らしやすいのは?

【夢を叶えたい!】アラサーで海外大学院へ!学びながらキャリアを積むには?

※ともこさん(フランス)のインタビュー記事

【外国で暮らしたい】目標を達成するために「自信をつける」方法

【外国で暮らしたい】フランスで仕事を探すには?

【外国で暮らしたい】海外でビジネスを始めるのに必要なことって?

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ