ライフスタイル

2015.05.13 UP

海外はアラサーが転機!オーストラリアで生活するようになるまで


iStock_000062017326_Small

海外へ渡航する理由は、「語学を習得したい」「新しいことに挑戦してみたい」「国際結婚したい」など、さまざまです。

なかには「アラサーを転機に、海外生活を決めた」という人も。

30代独身女性の場合、初めから移住するつもりで渡航する人は少数派。海外生活をスタートしてから、方向性を決めるというのが大半のようです。

 

この企画ではアラサーで海外生活を始めた女性たちのリアルな体験談をご紹介します。

初回は29歳のときにワーキング・ホリデー制度(ワーホリ)を利用して、オーストラリアへ渡ったまゆみさん(大阪府出身41歳・シドニー在住)のお話・前編です。

 

どうしてオーストラリアへ?

iStock_000039035262_Small

大阪の商社でOLをしていたのですが、何か新しいことに挑戦したいと思って、29歳のときにオーストラリアのシドニーへ渡りました。

 

周囲にはワーホリを利用してシドニーへ来ているアラサー女性も多く、20代の子たちから「ギリホリ」(ワーホリ年齢制限の一歩手前ということで)と呼ばれていました。

言い換えれば、それだけシドニーへやって来たアラサー女性が多かったということ。今から約10年前のことです。

 

シドニーを選んだのは、英語を学習したかったから。貯金もそこまでなかったので、半年間で帰る予定を立てていました

でも暮らしているうちに、シドニーもオーストラリアも大好きになってしまって……!

 

生活も楽しかったし、開放的な環境が素晴らしい。恋のチャンスが多いところも気に入りました。

 

最初は半年のつもりが「もっと長く居たい」と思うように

そこでワーホリビザが切れる直前に学生ビザに切り替えて、もう1年滞在することに決めました。

 

学生時代はお金もそれほどなかったけれど、とても楽しい時間を過ごすことができました。

学生のときに、留学サポートのアルバイトを通じて知り合った同世代の日本人女性たちとは、今でも家族ぐるみのお付き合いをしています。

 

オーストラリアでは「恋人」がすぐにできる!

iStock_000048252646_Small

オーストラリアは、恋や出会いの可能性がものすごく多い国だと思います。

巷では「ワーホリ・恋の3枚切符」(ワーホリ期間中の1年間に、3回は恋をするという意味)とも囁かれているほど!

わたし自身も、バイト先や飲み会などで、男性から声をかけられる割合がアップしました!

 

iStock_000037643784_Small

語学やキャリアだけでなく、恋も手に入れられるとは、オーストラリアは魅力的な国のようですね。

次回の記事では、まゆみさんから「オーストラリア人の恋愛観」を聞いてみたいと思います。

年齢・性別に関係なく恋愛を楽しみたい方、どうぞお楽しみに!

 

※まゆみさん(オーストラリア)のインタビュー記事

【アラサーが転機だった!】私が海外で生活するようになるまで

【アラサーが転機だった!】海外で恋愛!結婚生活に漕ぎつくまで

【アラサーが転機だった!】移住や国際結婚はどれほど大変なのか?

※かなこさん(イギリス)のインタビュー記事

【夢を叶えたい!】海外に飛びだしたアラサー女性の実態!

【夢を叶えたい!】東南アジアvsヨーロッパ、暮らしやすいのは?

【夢を叶えたい!】アラサーで海外大学院へ!学びながらキャリアを積むには?

※ともこさん(フランス)のインタビュー記事

【外国で暮らしたい】目標を達成するために「自信をつける」方法

【外国で暮らしたい】フランスで仕事を探すには?

【外国で暮らしたい】海外でビジネスを始めるのに必要なことって?

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ