ハピネス

2015.02.28 UP

【村上春樹に学ぶ】現代の禁句「がんばって」の使いかた


young beautiful long curly hair hipster woman

村上春樹さんが読者からの質問に答える期間限定のサイト「村上さんのところ」をご存知でしょうか。

あの村上春樹が直接回答してくれるとあって、3万通以上の質問が届いたそうです。

 

残念ながら、質問は既に締め切られていますが、村上さんと読者とのやり取りはサイトで見ることができるので、一度のぞいてみてはいかがでしょう。

 

わたしはハルキスト(村上春樹の熱烈なファン)ではないので、村上春樹さんのことはよく知らないのですが、こちらのサイトを拝見してとても優しい方だと思いました。

 

現代のタブー「がんばって」を優しく言える人とは

iStock_000054058416_Small

村上さんは読者への回答のなかで、よく「がんばって」という言葉をお使いになります。

 

「がんばって」という言葉は、ややもすると現代ではタブーともされる風潮があります。

みんな懸命にがんばっているのだから、軽々しくがんばってなんて言うな」とか。

鬱病の人に一番言ってはいけない言葉が、がんばって」だとか。

これ以上、どうやってがんばるのよ」とかね。

 

その代わりに、「無理しないで」なんかが無難とされているのではないでしょうか。

 

でも村上さんの発する「がんばって」は心にすっと入るような「がんばって」なのです。

ん、ハルキストみたいになってますね、わたし。

 

例えばこんなときに・・・

young modern stylish couple urban

同じ言葉でも、相手のことを想う偽りのない言葉には、優しさがあるものです。

 

例えば、同僚を「がんばって」と励ますときに、相手ががんばることで得られる自分へのメリット(早く帰れるなど)が全く混じっていないと言えますか?

新しい恋で頭が一杯の友人への「がんばって」に、どれほどの愛情がこもっているでしょう?

 

利己を捨てて、相手本位で考えることはとても難しいことです。

とくに相手が利己的の場合ならなおさらです。

 

同僚のミスが原因の残業を、「大丈夫よ」と本心から想っている人はどれくらいいるでしょう。

冷たいと思われないように、自分に何かあったときに助けてもらえるようにと、自分本位で考えてしまった経験はありませんか。

 

他人に優しい人は「自分に優しい」

beautiful young blonde short hair hipster woman listening music

他人に優しくなれないのは、きっと自分の心に余裕がないからでしょう。

その意味では、まず自分に優しくすることから始める必要がありそうですね。

 

他人のことなんて考える余裕はないという人に限って、自分のことをしっかり考える余裕もないものです。

他人に優しくするためにも、まずは自分に優しく。

 

1日たった10分だけでも、自分を労わる時間を作ってみてはいかがでしょう。

 

例えば、夕暮れの街を一人で散歩するだけでも良いんです。

あ、またハルキストぽかったかしら?

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ