ハピネス

2014.06.16 UP

「彼氏いるの?」男性が気になる女性に「思わずしちゃう」言動


f30327c33066662d599d7477f7d6fe36

先日に引き続き、調べ物途中に出会ったWebコラムから、もうひとつ書いてみたいと思います。

今回は、「男性が気になる女性に『思わずしちゃう』言動」というようなタイトルのコラムを見かけたわけですが、この手のコラムは、いくつもの媒体に何回も書いてきて、個人的にはすでに興味がなく、「ああ、柳の下にドジョウはまだいるのね……もう3年以上もドジョウがとれまくっているのね」と思いつつも、「男性が気になる女性に『思わずしちゃう』言動」を知ったからなんやねん? という積年の疑問が頭をもたげてきます。

 

たとえば気になる女性に対して男性は「彼氏いるの?」と、聞く。「男性が気になる女性に『思わずしちゃう』言動」というコラムに、「彼氏いるの?」という例示があったとして、これを読んでいた女性は、「会社の同僚の**君に『彼氏いるの?』と聞かれたから、私は**君に好かれているのかも」とか思うのでしょ~か?

 

男性が気になる女性に対して思わすしちゃう言動の前に、男はわりと女々しいことをひとり、夜中にしているものです。「気になる**ちゃん、今頃、どこでなにをしてるのかなあ。もしかして同僚の**と一緒にご飯にでも行っているのかな? ってことは、オレは『ぼっち』ってこと?」みたいなことを延々と考えています。

つまり気になる女性に対して、男はできることより、できないことのほうが多い

 

今日もアンジーをお読みくださり、ありがとうございます。

最近のWebコラムは、ほとんどすべて「目に見えてわかること」を書いています。まあそれで数字がとれるので、各社が書いているわけですが(アンジーだって書いている)、恋愛って、目に見えないことに支配されていることが多いものです。

そういうのはコラムにしても、見えないものなので(個々人の心の動きにすぎないので)説得力が弱く、あまり読まれません。もっとも映画とか小説が担ってきた「目に見えない恋愛の機微を描く」ことを、Webコラムが担う必要もないものですが、見えないものを想像しようとする静かに煮えたぎる気持ちこそが、恋の一番おいしいところじゃないのかなあ。

竹を割ったような恋って、おもろいの? 恋のマニュアルほしかったら、おっちゃん、つくったるけど、いらんか? そうか、いらんか……。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ