ハピネス

2014.06.14 UP

男女の恋愛のプロセスを楽しもう!「彼氏にもっと愛される」方法


ae5a4ade9300222b57d1d4120ca67c40

一部のWebサイトだけかもしれないけれど、先月くらいから、彼氏にもっと好かれる方法というテーマで書いてくださいという依頼が来る。それも1回や2回だけの依頼ではなく、何回も来る。

当然のことながらというか、なんというか、Webはヒットした記事のキーワードをうまく再利用的に使って似たような記事を量産する傾向があるので(テレビと同じで、ドジョウは柳の下に複数匹いると考えている業界であるらしい)、たくさんのひとがWebで「彼氏_もっと好かれる」などと検索しつつ読んでいるのかもしれない。

 

他方、『嫌われる勇気』という本が22万部の好調な売れ行きを見せているとのこと。阿川佐和子さんは、次回出版する本のタイトルが『嫌われる力』に決まったと、先日ラジオでおっしゃっていました。

みんな、誰かに好かれようと思ってあれこれ調べたり、嫌われようと思って(?)あれこれ調べたり、人間関係って、こうも大変なのかなあと思ったり。

こういう商売をしていたら、書いた文章に対して、必ず批判するひとが出てきます。それはそれで「そういうもの」だろうと思っています。人様の目に触れるものを作って、世間にリリースした瞬間に、創作者は不特定多数のひとに批判する権利を与えているわけで、しかたないだろうと思います。

 

今日もアンジーをお読みくださり、ありがとうございます。

誰かに好かれるとか、嫌われるというのは「結果」であり、結果を得るためのハウツーって、わりと読まれるんですよね。彼氏にもっと愛される方法とか、3ヶ月後に華麗に転職する方法とか。

結果を得るまでのプロセスのほうがめちゃめちゃ楽しいのに、失敗しながらノウハウを一つひとつ身体で覚えていくのってめちゃ楽しいのに、原稿料ほしさに「彼にもっと愛される方法」を書く我が身を憂いたり嘆いたりで、忙しい毎日です。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ