ハピネス

2014.06.08 UP

イケメン金持ちはヤバイ!男が男に激白した「俺がモテる理由」


64f79ea6ba88cdffd495c836b90d5cd1

この項では、お金持ちでありイケメンであり、会社の社長である若い男性がこっそりと教えてくれた「オレがモテまくっている理由」をご紹介したいと思います。

 

彼はときどき接待などでキャバクラに行くそうです。もちろん個人的にキャバクラに行くこともあるといいます。

行けば10人にひとりくらいの確率で「コト」をおこなうことができるそうです。もちろんキャバクラの店内でコトに及ぶわけではなく、後日、女性と一緒に食事をして……という段取りを経てコトに及ぶと言います。1割の確率……というのは「わりとモテるほう」ではないかと思います。

 

気になっている女性とコトに及ぶことができない場合、どうするのか? といえば、ソープランドに行くそうです。ソープランドでキャバクラで気になっている女性と似たような顔の女性を探してコトに及ぶのだといいます。

で、脳内が賢者になって、すっきりしてキャバクラに行くと、余裕の風格が生まれ、その「余裕っぷり」にふらっとくる女子がいて、またコトに及ぶ……というサイクルができあがっているので、「オレはモテる」と言っていました。

 

男ってやるべきコトをやっていないと、どうしても焦っていたり自信のない素振りになってしまうところもあるので、この彼の証言はおそらく本当だろうと思います。

キャバ嬢からの「タレコミ」情報のなかで、「野球選手の**さんって、うちのお店と**のソープランドの常連さんなんだよね。でも、モテまくってるんだよね」という話をまれに聞きますが、お金持ち→キャバクラ→ソープランド→余裕をぶっこける風格……というサイクルは、ある種の男に自信をもたらすのかもしれません。

 

昨今、恋愛コラムを書いて、どこまで数字を得るか? という競争が各社で激しくなっており、「男しか知らない男の事情」的なコラムはそれなりに読まれているので、ちょっとそういうことを書いてみました。

 

今日もアンジーをお読みくださり、ありがとうございます。

それにしても、知らないほうがいいことって、世の中にたくさんあって、今回ご紹介したことも(たぶん)女性にとっては知らなくてもいいことなわけで、どこまでのことを書くと「えげつなくない」のか、非常に苦心しています。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ