ライフスタイル

2013.09.11 UP

【第2回】35歳。理想と現実の折り合いのつけかた ~最高の瞬間?~


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人はなんのためにがんばって生きているのか? については、いろんな答えがあると思いますが、その1つの解に「最高の瞬間を味わうため」というのがあってもいいよなと思います。

最高の瞬間。なにを思い浮かべますか?

たとえばハワイ旅行をした際に、スコールが通り過ぎたあと、心地よい風に吹かれながら、世にも珍しいダブル・レインボーを見た瞬間とか、大好きな彼氏に抱かれた瞬間とか、人それぞれ「最高だと思えた瞬間」を持っていると思います。

人によっては、ウエディングドレスを着て、結婚式を挙げるときこそが「最高の瞬間」であり、いまだそんなこと経験したことないし……という人もいるかもしれません。

 

ある識者が提唱する「最高の瞬間」とは「できないことができるようになった瞬間」あるいは「知らないことがわかった瞬間」です。

 

これは「なるほどな」と思います。お金や政治(他人の思惑)に左右されることのない「最高の瞬間」なわけですから、あなたのことを決して裏切ることのない、生涯、あなたのこころを温めてくれる「最高の瞬間」でしょう。

 

多くの人が知っているとおり、彼氏はときとして、あなたのことを裏切ります。最高の瞬間だとあなたが思っていても、明日になっていきなり彼がはしごを外してしまうかもしれません。上に例として挙げたハワイの虹だって、お金がないと経験することができません。そもそも、ダブル・レインボーなど、自然現象だから、お金をかけてハワイに行ったからといって、必ずしも見られるとは限らないしね。

 

お金や政治(他人の思惑)に左右されることない「最高の瞬間」。思えば、幼い頃は、言ってみれば「最高の瞬間」だらけでした。知らないことのほうが多いので、毎日が新しいことの発見の連続でした(よね?)。

 

35歳になると、社会ってだいたいこんなもんかな、と思うと思います。また、みんなが婚活しているからやってみようかなとか、お金持ちの男性をゲットするには、どういう立ち居振る舞いをすればいいのかな? など、比較的決まった思考範囲のなかで暮らすようになると思います。

 

じぶんにとっての「最高の瞬間」とはなんなのか? それはどうすれば手に入るのか? 考えてみてはいかがでしょうか。最高の瞬間をたくさん味わっている女性が、本当に幸せであり、この幸せを知ることこそが「理想」と「現実」のギャップを埋めるのではないかと思います。

Photo by pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ