ハピネス

2014.01.01 UP

占いで気をつけたいこと「女性の心ってなんですか?」vol.1


9ab771170c741db1bf42144a7cfec31c

※あけましておめでとうございます

『ANGIE』の人気コーナーである「瞳子先生の人生相談」にご登場いただいている美容家にしてカウンセラーの橘瞳子先生が昨年のインタビューのあとに、2014年の女性は「こころ」がテーマになるとおっしゃっていました。

そこで新春特別企画と題して、橘女史に「こころってなんですか?」と質問してみました。30代を生き抜くのに必要な「こころ」とはなにか? 全5回でお送りしたいと思います。(編集部)

 

ひとみしょう:新年あけましておめでとうございます

 

橘先生(以下、敬称略):おめでとうございます

 

ひとみ:昨年は大変お世話になりました。おかげさまで『ANGIE』も繁盛いたしました。

もうホントに先生にはお世話になりっぱなしで。

 

橘:とんでもないです。こちらこそお世話になりました。私がかかわったことで繁盛するということはとても嬉しいことです。

今年は動乱の年と言われています。ニュースなどを見ていると、いろいろな動きが起こっていますよね。動乱の時代に、私たち女性は、男性もそうですが、どうやって生きていけばいいかというのが、とても大切です。

21世紀は「こころの時代」だとも言われていますが、世の中が動いて乱れるというなかで、自分は乱れないということが大切です。

 

ひとみ:自己の確立ということですね。

 

橘:はい、そうです。こころって見えないから、なかなか難しいんですけれども、みなさんそれぞれ違うこころを持っていると思うんですよね。

その一人ひとりのこころをより良く保つことができたら、世の中の風潮がどれだけ乱れていても、民衆の力の方が強いので、しっかりと生きていけるんではないかなと、私は思っているんですね。

 

ひとみ:30代の女性って、僕の周りだけかもしれないんですけど、わりと平和主義者が多いなと思います。主義者というのもおかしいですが。

社会が混乱していたとしても、自分を見失わないで、「少なくとも自分の周りの人だけは愛そう」というかね、そういう感じって、女性って持っていませんか?

 

橘:自己愛が強い人達が多いと思います。ただ、やはり自己愛だけじゃなくて、周りの人達にも愛が伝わるような行動をとっていただきたいですね。

20代の頃だったら自分に集中していろんなことを経験していくんだと思うんですね。

30代になったら、ちょっと範囲を広げて、大きな視野で行動できるような女性であってほしいなと思いますね。ただ、迷っている人はたくさんいますよ。30代って。

 

ひとみ:それは仕事とか恋愛とか、キャリアアップとかそういうことで?

 

橘:目標とするところがキャリアアップであったり、結婚だったり子どもだったりと、30代になると明確になりますね。「どれもほしい」という人達もいますよね。

そういうときに体力というのは限られていますから、精神力がとても大切だと思いますね。そしてなるべく間違った方向に努力するのではなく、正しく努力をして頑張っていける精神力というのが大切です。

 

ひとみ:昨年のインタビューでお話を伺ったときに、メイクってほんの1ミリ2ミリの違いでプロとアマの差が出るというようなことをお聞きしたんですけど、こころの強さもほんのちょっとの心掛けだと思うんですね。

 

橘:そうですね。「感じ方」が問題になってきます。

 

ひとみ:こころのトレーニングっていうとカタイ感じがしますが、こころもトレーニングしないと強くならないですよね。特に動乱の年を生き抜こうと思えば。

 

橘:言葉でいうと「情がある」ということ。これは感動を意味しています。幸せというのもこころの充実感ですから、やはりこころを感動させる。

つまり人それぞれの感性の違いになるんですね。ですから目で確認してこころが動く、そういうものと巡り合える人が幸せになれるんじゃないですかね。今まで気がつかなかったことに気づくことができるようになると幸せでしょう?

あるいは、10年付き合わなくても同じお話ができる人。こういう人たちと知り合うというのがとても大切なんじゃないかなと思いますね。そういう人に早く巡り合うということ、これは男女問わず。

また、「この人みたいになりたい」とか「この人のこういうところは尊敬すべきだな」と思える人が身近にいるという人は幸せだと思います。そこから学ぶことができますからね。

そういう人がいない人は、そういう人たちが集まるところに行って自己学習をするというのもひとつの方法だと思うんですね。日本のしきたりすべて意味があるので、日本の習い事を始めてみてもいいかも知れません。

 

ひとみ:お茶とかお華とか。

 

橘:そう。見えない世界を大切にする習い事です。そういうところから学ぶこともとても多いと思います。私が習い事に通った先生のひとりに、挿花家の栗崎昇先生がいます。初めて先生の作品を見た時、素晴らしい感性にとても感動しました。

そして驚かされたのは、人間の感性の違い。皆さんのお華の仕上がりが全員違うことが不思議でした。先生の作品を見て、それぞれ活けるのですが、同じ話を聞いても違う作品になるわけです。

栗崎先生は、こう活けるべし、なんてルールはなく、「花は決して習うものではない。教えられるものでもなく、花はその人なり、と言います。花に自分を託してみる」とおっしゃいます。「洋」は足し算、「和」は引き算ということも日本と外国の違いがあることなど、栗崎昇先生には、お華を通して気がつかされることが多く、人生観はじめ日本の良さなど、たくさんのことを教えて頂きました。

 

ひとみ:最初に橘先生がおっしゃった「見えないもの」とか、精神の強さみたいなところに結び付くお話ですよね。

 

橘:強さだけではなく清らかさ、美しさ、優しさなどを含めて、お華を習いに行くことで分かったのは、自分のこころがまっすぐになるということです。

その緊張感が私にとってとっても大事な時間だったんです。みなさんそのお華の教室のために、九州からも北海道からも来るわけですから、先生が素晴らしいんですよね。

卒業はないし、お免状もありません。でも、私はそこの時間を大切にしていました。通っていらっしゃる方たちもみなさん口を揃えて、「この月に1回の教室が一番楽しみなの」とおっしゃっていました。

生徒さん達も、個性的で素敵な生き方をしている人が多かったですね。自分で人生を切り開いてきた先輩たちも多かったので、私自身はとても勉強になりました。どこかみんなそれぞれ生き方が違っても同じような気がします。表面的なものではなくて、似ているものを持っていらっしゃる方たちが多いと思いました。たくましく、しなやかな感性をお持ちの女性達です。

 

ひとみ:お華の世界というのは何か精神的なものを勉強しようということなんですか?

 

橘:精神的なもの、そうですね。そこに行くことによって、気持ちがピンと立つというかね。何か「素」になってお華を活けていたんですね。お茶を習っている人達も同じなんじゃないかと思うんですよ。お茶はお作法が大変なので、1センチでも狂っても……。とても厳しいじゃないですか。

日本の習い事というのはそういう意味では、自分を確立させて、スーッと筋の通った女性になるためのひとつの方法であり作法ですよね。

 

ひとみ:今のお話の中で、ぼくが思うのは、30代の女性がやったほうがいいこととは、まずいい先生に出会うことですよね

 

橘:そう。いい先生に出会うことと、勉強をすること。それといい人達に恵まれること。それがすごく大切だと思うんですね。

日本の文化は、目に見えないものを重んじるわけですから、まずは日本人として日本のことをよく知るということ。こういうグローバルな時代になったら自国のものを愛する、そして外国の人にキチンをお話しができるということが大事だと思うんですね。

30代の女性の人達は、本当に恵まれた時代に生きているので、「ない」ということをあんまり知らないんじゃないかと思うんですね

 

ひとみ:「ない」というのは、ものすごく大きな「目に見えない」日本文化の特徴ですよね。

 

橘:なにか大事にしているものがなくなったときに、どうやって乗り越えていくか。何でもあって当たり前という状況の中で生きていらっしゃる人が多いので、それがなくなったときにどうするかということ知らないといけないわね。

そういうことを知っていたら動乱の時代に上手に乗り切っていけるんじゃないかなと思うんですね。

 

つづきます

 

【取材協力】

橘瞳子(たちばなとうこ)

Screenshot_2

美創家(美容家/カウンセラー)

27歳で美創家として独立。大手化粧品メーカーのビューティーアナリストとして、日本全国でサロンを展開。社員教育やブランド育成に関わる。

美容と人生相談を融合させた「人をより良く導く美容法とカウンセリング」を確立し、男女ともに人気を博す。

企業のブランド育成や、社員教育、個人カウンセリングともに、必ず良い結果が出ると、業界内外から高く評価されており、面談希望者が後を絶たない。

著名人からOL、サラリーマン、おばあちゃんまで、これまでにカウンセリングを行った人は20万人以上にのぼる。

カウンセリングなどの申し込みはANGIE編集部気付。

photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ