ハピネス

2015.09.28 UP

秋の可愛い野菜のフランス料理「ファルシ」の超簡単レシピって?


iStock_000041684306_Medium

手の込んだ印象のあるフランス料理ですが、フランスの人たちが普段食べているお料理は意外とシンプル。秋から冬にかけて、寒さが増すこれからの時期には、スープやオーブン料理が食卓を飾ります。

中でも、野菜の中に肉やお米、キヌアなどの詰め物をした「ファルシ」は、おかずと野菜が一緒にとれる定番の家庭料理です。

フランス料理がおうちでパパッと作れたら、ちょっと素敵ですよね! 今回は、手軽で見た目も可愛らしい「ファルシ」の作り方をご紹介します。

 

国内でもジワジワきてる! 「ファルシ」って?

iStock_000058886484_Small

「ファルシ」はパプリカやトマト、ズッキーニやジャガイモなど、好みの野菜を器にしていただくお料理です。国内では「ベジココット」と言う名称で親しまれている、この秋注目のフードです!

特徴は何と言っても、お野菜が丸ごと食べられること。パンやご飯を用意すれば、ファルシひとつでランチや夕食になるところもポイントです。

野菜と詰め物を工夫すれば、味の変化が楽しめるのも、人気のひとつかもしれません。

 

フランス人直伝!「ファルシ」の作り方

iStock_000044519142_Small

フランスの食卓で定番のファルシを、おうちでも作ってみましょう! ピーマンの肉詰め的な感覚で作れば、あっという間にできちゃいますよ。

今回ご紹介するのは、時短料理の得意なフランスの友人直伝のレシピです。

 

【材料】(2人分)

ジャガイモ(メークイン)・・・大2コ

豚ひき肉・・・250g

ニンニク・・・ひとかけ

イタリアンパセリ(生)・・・大さじ1

塩・コショウ・・・適宜

 

【作り方】

1. 手鍋に水を張り、塩ひとつまみを加えてからジャガイモを20〜25分ほど茹でます。芯の硬い状態で引き上げて、冷ましておきましょう。

2. ボウルに豚ひき肉、刻んだニンニクとパセリ、塩・コショウを入れて手でよくこねます。

3. 茹でて冷ましておいたジャガイモを半分にカットし、中をスプーンでくり抜きます。

4. 3に2を詰めてから、180度に予熱したオーブンで約30〜40分ほど焼いて完成。

ホクホクしたジャガイモと、ジューシーなお肉のコントラストを楽しんで!

 

友人によると「お肉を食べ終わったあとのジャガイモの皮は、バター少々と塩を振って食べるとおいしい」とのこと。

加熱しても壊れにくいビタミンCの宝庫として知られるジャガイモですが、皮にはむくみ解消につながる「カリウム」や食物繊維が豊富です。なるべく皮ごと食べるようにしたいですね。

ファルシとバゲット、それに赤ワインを用意すれば、簡単ながら立派なフレンチです。

いつもの食卓が華やかになりそうなファルシ。この秋のレパートリーに加えてみたいですね。

 

関連記事

栄養をとりながらダイエット!「キヌアの栄養とおいしい食べ方」

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ