ライフスタイル

2015.09.26 UP

女性がなりやすい「秋バテ」の自宅で簡単にできる解消法とは?は?


iStock_000016275990_Medium

夏の暑さが和らぎ、めっきり涼しくなってきた今日この頃。急な気温の変化で、体調を崩しがちな人も多いのでは?

心当たりのある人は、もしかすると「秋バテ」になっているのかも。

今回は、この時期に知っておきたい、自宅で簡単にできる秋バテ回復法をご紹介します。

 

こんな症状が出たら、秋バテかも・・・

iStock_000018853624_Small

猛暑が終わり、涼しくなってきたはずなのに、なんだか身体がスッキリしない……。そう感じたら、秋バテになっている可能性があります。

以下の症状に心当たりがある場合は、要注意!

・疲れやすい

・食欲がない

・立ちくらみ、めまいがする

・頭痛

・不眠気味

・顔色が悪い

・倦怠感がある

・肌が不調

 

秋バテの特徴は、夏にたまった疲れが症状として一気に現れることなんだとか。

体力に自信のある人でも、秋バテに陥りやすいので注意が必要ですよ。

 

秋バテの原因とは?

iStock_000055851106_Small

秋になって急激に冷え込み、日中の温度差が大きくなることから、体調を崩す人も多くなりがち。

また、夏場のエアコンの当たりすぎ、冷たい飲み物・食べ物のとりすぎ、薄着の習慣など、夏の生活習慣が秋バテの大きな原因となっているんです。

慢性的な身体の冷えによって、自律神経が乱れ、血液の循環が悪くなり、秋バテを引き起こしているのです。

 

秋バテには入浴が◎

Bubble Bath

そのまま放置しておくと、大病に発展する恐れもある秋バテ。改善策としておすすめなのが入浴です。

夏場はシャワーで済ますことが多かった人も、この時期は熱めのお湯にじっくり浸かって、身体の芯から温まりましょう!

38度から40度のお湯が、人が最もリラックスできる温度と言われています。

寝る直前に30分かけて入浴することで、質のいい睡眠にもつながりますよ。

 

お気に入りの入浴剤で、気分をアゲる

iStock_000021613440_Small

バスタイムを盛り上げてくれる入浴剤も、秋ならではのものをチョイスしてみて。美肌効果のある「柚子」や、リラックス効果抜群の「ヒノキ」などはいかがでしょう。

その他、アロマキャンドルを浮かべて、アロマの香りに包まれながら入浴するのもいいですね。秋の夜長にピッタリな、お気に入りアイテムを選んでくださいね。

 

夏バテとは無縁だったからといって、安心できないのが秋バテ。

少しでも身体に不調を感じるなら、秋バテになっている可能性大です! 無理せず、疲れた身体を癒してあげましょう。

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ