ハピネス

2013.08.01 UP

彼氏に会いたい!「ケータイをとりたい病」になってしまう前に


sr01

無性に彼氏に会いたい…… どうしようもなく、寂しくて、恋人に会いたくなる夜ってありませんか?

 

 

 

普段は気丈な女性であっても、寂しさは急に襲ってきます。

女性の場合、ホルモンバランスのこともありますから、急に情緒が不安定になることもありますよね。

そんなとき、ついついケータイに手をのばして、恋人に電話をかけて、「会いたい!」「今すぐ会いにきて!」なんて言っていませんか?”

 

 

でも、ちょっと待ってください。相手は今、何をしていますか? 忙しい時間じゃありませんか? 疲れているのではないですか? 明日は朝が早いのではないですか?

 

そして……あなたは本当に、心から、彼に会いたいと思っていますか?

 

「当たり前でしょ!」という声が今にも聞こえてきそうですが、寂しいときに会いたいというだけでは、彼は単にあなたにとって、寂しさを埋めるための存在に過ぎません。

 

すると今度は「そんなことはない!」とか「好きだから会いたいの!」などとの反論が聞こえてきそうですが、であるならば、わざわざ大好きな彼に、寂しいときに限って会う必要はないのではないかと思うのです。

 

「寂しい=会いたい」と思い込むことは、実はとても危険な行為なのです。

 

なぜなら、寂しいときに恋人に会えば万事解決かというと、そうではないからです。

 

寂しいときこそ支え合いという意見もありますが、しかし……寂しいと思って会ったときに限って、あまり良いことがなかった、ケンカしてしまったなど、そんな苦い経験はありませんか?

 

それはきっと、こっちは寂しいから慰めてほしいときなのに、相手からは思っていたような言葉が出なかったりするものだから、その温度差から、こじれることが多いせいかもしれません。

 

今は、本当に彼に会うべきときですか?

 

「寂しい」そんなときこそ、もう一度自分の胸に手をあてて、よく考えてみる必要があるのかもしれません。

 

別項にて、なぜ私たち女性は、「漠然と寂しくなり、突如として彼に会いたい! 電話したい! と思ってしまうのか?」についてお話したいと思います。

 

このへんの理由を知っておくと、「電話したい病」におかされて、大事な彼氏をなくす……なんてことが予防できるかもしれませんね。

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ