ライフスタイル

2013.12.31 UP

良い客の定義とは?「クレーマーになる性悪な女」


477e0244499c95b1361266422ce53dc5

「お客様は神様」こんな言葉をいまだに言う人がいる。

この言葉はお客側が使うのではなく、奉仕する方が使えばしっくりきます。お客側が使うので訳が分からくなるのです。お客は何をしても許されるというのは、もしかしたらこの言葉からきている勘違いなのかもしれないです。

コンビニで、上から目線の口調の客、レジで耳にイヤホンを付けたままにしているやつ、電話しながら会計するやつ。どれもこれも人に接する態度がなっていないのです。

 

元コンビニ店員からあなたに贈る「今年最後の説教」(いらない?)

店員に対して横柄な態度をとる人は、間違いなく他人にも同じ態度をとっていることを気付くべきです。

店員にとってのお客様は神様かもしれないが、あなた自身は神様ではないということに気付きなさい。もちろんこれを店員の立場でやっているのならば、問題です。その場合あなたはクレームを入れてもいいはずです。もちろん「おもてなし」という文化がある日本国内の話ですが。

私は、コンビニやレストランでも、良い客を演じています。良い客の定義とは? それは何かをしてもらったとき、注文した品を持ってきていただいた時や、レジでの清算後に、ひと言「ありがとう」を忘れないことです。

何かで店員さんが遅れてきて、「申し訳ありません」と言われた時も、「いいですよ」の優しいひと言で片づけます。このやりとりで、相手はもちろん気持ちよく感じるし、自分も穏やかな気分にななります。気持ちよくしてくれたことに対しては、気持ちよく返す。これが出来るというのが大人なわけですよ。

 

いいから1回レジの向こう側に立ってみなさいよ

店員さんは何食わぬ顔で接客をしているが、横柄な態度の客に対しては、顔では耐えながら内心煮えくりかえっているのです。

いい接客に対してのいいお客。いいお客がいい接客を育てるといっても間違いではないです。そもそも相手が店員だからといって、見ず知らずの人に横柄な態度をとるのはどうかと思います。いい大人が横柄な態度をとっていると、陰で他人に馬鹿にされてしまいますよ

 

それでも解らないような人は、1日でいいからコンビニのレジに入ってみることをお勧めします。いい態度のお客に幸せを感じ、横柄な奴には憎しみをいだきながらも、表情には出してはいけないのですから

そして思うでしょう。あぁ、ああいう客にだけはなるものかと。でも、そういうことをしなくても、相手に気持ちよく接するということをプライベートでもビジネスでも気付かないといけないのです。いやな女や、いやな取引先にはならないでいてほしいものです。

 

photo by Pinterest

木原 充

木原 充

(エッセイスト・詩人・批評家)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ