ハピネス

2015.07.11 UP

チャンスを引き寄せるリング!恋も仕事も運気アップする指輪のつけ方


IMG_5002

指元のおしゃれといえばリングですが、毎日同じ指にはめている人も多いのではないでしょうか?

おしゃれと思ってはめていたリングも、場所によっては引き寄せたい運気を逃していていることも……

リングには、はめる指によってそれぞれ意味が生じます。意図的にはめる指を変えることで、特定の運を引き寄せることも可能です!

 

願いを叶えるために指輪をつけてきた

iStock_000064195289_Small

リングをはめるようになったのは古代ローマ時代からといわれています。

結婚指輪は左手の薬指に」と最初に決められたのも、同じくローマでのこと。もともと薬指にだけリングをする習慣があったようです。

 

やがて時代の流れの中でリングはいろんな指にはめられるようになり、はめる指それぞれに意味がつけられました。

人々は願いを叶えるため、それに見合う意味を持つ指にリングをはめるようになったそうです。

 

あなたはどの指にリングをはめるべき?

iStock_000045156586_Small

「いい人を見つけたい」という恋愛派にも「リーダーシップを発揮したい」という仕事派にも、それぞれリングをはめるべき「指」があります。

 

★親指(サムリング)

「望みが叶う」とされている指。戦いで弓をひくときの保護の役割もあったようです。

【左手】→ 夢を叶える、意思をつらぬく

【右手】→ 困難に勝つ、リーダーシップをとる

 

★人差し指(インデックスリング)

自立心がアップする指。頭がよく働くので説得力が生まれます。

【左手】→ 積極性がアップ、願いを行動にうつす

【右手】→ 集中力・行動力がアップ、人を導く力がつく

 

★中指(ミドルフィンガーリング)

ひらめきの象徴とされる指。インスピレーションが高まり、魅力的にみえます。独身女性におすすめ!

【左手】→ 直感を高める、その場の空気を察知する

【右手】→ 行動力を高め、迅速さを発揮

 

★薬指(アニバーサリーリング)

創造を象徴する指。動きが少ないのでリングを落としにくいという実用的な意味もあるそう。

【左手】→ 愛や幸せを実現

【右手】→ 心を落ち着かせる、安心感が生まれる

 

★小指(ピンキーリング)

チャンスを呼び込む指。直感が冴えるので、自分をアピールしたい時におすすめ!

【左手】→ チャンスを引き寄せる

【右手】→ 魅力アップ

 

あの指もこの指もとたくさんリングをはめたくなってしまいますが、それでは悪目立ちすることも。

そんな時には、その日のスケジュールに合わせてリングの位置を変えてみましょう!

ぜひ、なりたい自分にあった指にはめてみてくださいね!

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ