ハピネス

2013.12.27 UP

【ね~さん大好き!ハンガチ王子の妄想的ね~さん賛歌】「むしろ妹!」って思っちゃう萌えキュンおねーさん4連発


a6287c9c760c2e36d91f562b5abae2ef

 おねーさんっていうと、年下の男をぐいぐい引っぱっていくとても頼りがいのあるイメージがあります。

だけど、世の中そんなおねーさんばかりじゃない。

どこか気がぬけていたり、おっちょこちょいだったりして、年下の男を不安にさせるおねーさんもいるはずです。

年上だけど、おねーさんって感じじゃないおねーさん。ぼくが助けてあげなきゃ!って思っちゃうおねーさん

 

年上なのに、ちょっと頼りない。むしろぼくの仕事が増えている。だけど、なぜか憎めなくて、愛しいおねーさん。

この感覚はまさに妹。

おねーさんなのに、妹って感じちゃうおねーさんはこんなひとっていうのを見ていきます。

 

1:先週、新人研修を終えたばかりのぼくの方が、すでにおねーさんよりも仕事のことを知っている

えーって感じがします。おねーさんしっかりって。

逆にぼくがしっかりしようとも思う。

むしろ、ぼくがおねーさんに仕事を教えてあげるんだ! っていう気持ちになって毎日仕事に取り組めるから、いいかもしれない。分からないって言うときのおねーさんの困った顔や、ぼくが教えてあげたときの嬉しそうな顔を見ちゃうと、ぎゅって抱きしめたくなる。おねーさんにはそのままでいてほしいって思います。

 

 2:仕事に関する質問には、いつも「多分そう」っていう返事をするおねーさん

結局、調べ直すことになるから二度手間なんだけど……おねーさんの自信なさげな表情を見ることができるから、許せちゃう。

自信たっぷりじゃない感じが、いいんです。仕事が分からないわけじゃないけど、そこまで自信があるわけでもない。

やるなら自己責任でやってよ、っていう投げ出しっぷりが潔いです。仕事がうまくいけば、「ほらね」っていうおねーさんの顔もいい。

ちょっとわがままな感じに妹を感じます。もっとぼくを困らせて!

 

3:逆に仕事に関することを聞かれることが多い

「知りません」とは言えない。だって悲しそうな顔をするから

でも、その顔も好き。

ちょっと調べれば分かることなのに、そんな簡単なことでもぼくに頼ってくれるのが嬉しいです。おねーさん、楽しようとしてない? って思うときもあるけど、期待に応えたい気持ちの方が勝っちゃいます。むしろ、聞かれない日の方がものたりない

そろそろ、おねーさんが聞いてくる頃だなって思って、自分の仕事を早く終わらせるようにしているくらいです。どしどし聞いて下さい。

 

4:助けてくれるのを待っているおねーさん

はやく言ってーって思います。気づいてあげられなくてごめんなさい。おねーさんあんまり動かないなと思ったら、仕事が全然進んでいない様子。

もっと早く声をかけてあげるべきだったって後悔します。「大丈夫?」って聞いたら、「うん」って頼りない返事。

全然大丈夫じゃないのに、そう答えるおねーさんの気持ちは分かってるつもりです。

助けてほしいのに、素直に言葉にできない。少しだけ子供っぽいおねーさんの気持ちを感じて、ぼくが助けてあげなきゃって思います。

 

いかがでしたか?

「むしろ妹!」なおねーさんとは、いわゆる「守ってあげたくなる女子」っていうやつかもしれません。

これが後輩なら、素直に守ってあげることもできるでしょうが、年上のおねーさんだと難しいです

おねーさんの面子やプライドっていうのも気になるし、ぼくなんかがおこがましいじゃないかって思ってしまう。

もし、おねーさんがぼくの妹なら絶対に目を離さない。1日中一緒にいて、不安な気持ちにはさせない。だけど、そんなのは叶わないから、本当の妹みたいに、おねーさんに頼りにされるのを待っている年下男子もいるのです

 

photo by Pinterest

片本 裕

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ