ハピネス

2015.06.08 UP

断りつつ友情はキープ!無理なお願い「角の立たない断り方」って


Giving advice

もう何年もご無沙汰していた友達からいきなり「食事どう?」と連絡が。

急にどうしたのかと久しぶりに会ってみたところ、友達はネットワークビジネスに染まっていた……。そんな話をときどき耳にします。

ネットワークビジネスは、決して珍しいものではありませんが、いざ自分が勧誘されるとびっくりしてしまいますよね。

そんな時、あなたならどう断りますか?

 

断りたいけど友達は失いたくない・・・ってときの「断り方」

iStock_000063892897_Small

断りたいと思いつつも、いきなり「無理!」ときっぱり断るのはなかなか難しいですよね。

話だけは聞いてあげて、自分の意見をはっきり伝えるのがベター。

例えば現状に満足していることや、夢が他にあること、会社での副業はNGなど、ネットワークビジネスに関心が持てないことを伝えます。

 

それでも勧誘する方は、何かとうまい話をしてくるはず。ここで中途半端に関心のあるふりをするのは避けましょう

その場しのぎで同調したり、「また今後」と含みを持たせると、相手に「押せばいける!」と思われてしまいます。

毅然とした態度で、断るという意思をはっきり伝えることが大切です。

 

友達とビジネスは分けて考えて!

iStock_000037915710_Small

友達が自分を勧誘してきたことで、「友達だと思っていたのに、利用された?」と不信感を抱く人も少なくないはず。

またお断わりすることで、友達関係が終わってしまうことを気にする人もいるでしょう。

でも、友達関係とネットワークビジネスは別物と考えて。落ち着いて対応しましょう。

 

「私は力になれないけれど、がんばって!」

iStock_000026077743_Small

ネットワークビジネスの厄介なところは、勧誘している相手に悪意がないこと。

友達はあなたを騙そうとしているわけではなく、良かれと思って勧誘しているのです。

下手に非難してしまうと、友情にヒビが入ってしまうことも……。

自分はやらないという意思をしっかり伝え「私は力になれない。でもそれがあなたの夢ならがんばって!」と応援してもよいと思います。

それで距離が離れたとしても、また熱がさめれば友達関係は戻るかもしれませんしね。

 

中途半端に断るのが一番NGです。

断りきれず仕方なく……ではきっと後悔しますし、結局友情が壊れることにもなりかねません。

一貫して意思をとおすことが、下手に友情を壊さない方法だと思いますよ。

pon

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ