ハピネス

2015.05.21 UP

「つい不安に・・・」自己肯定感を高めよう!自信のつくり方とは


iStock_000059048648_Small

前回は、人間が生きていくために重要な感覚「自己肯定感」が低くなってしまう原因について探りました。

今回は、解決策として自己肯定感を高める方法をご紹介します。

 

心理学的なアプローチとしては、

●できることを見つけて、できない事は切り捨てる

●日常のプチ成功体験を積み重ねる

●ネガティブワードを言わない

など様々あります。

 

百聞は一見に如かず! ということで、実際に自己肯定感の低さを解消できた30代の働く5人の女性たちに、具体的な解決策を取材してみました!

 

自己肯定感を高めるための「突破口」は?

0003
全員一致で、まずは今の自分と正面から向き合うことから始めたそうです。

それも「向き合おう!」と思って取り組んだわけでありません。

思い悩んで壁にぶつかって立ち止まった結果、次のように自己分析したそうです。

 

●なぜ自信がないと思うのか

●どこが問題だったのか

●どうして欲しかったのか

●自分の好きなところ、嫌いなところは

●過去を振り返る、思いをひたすらノートに書き綴る

●セミナーや講演を聞いて、真剣に自分と向き合う

 

とにかく潜在的なところに意識を向けることが大切だったそうです。

 

みんなが実践した方法!

0005

自己分析により、今まで目をそむけていた「自信がない自分」と向き合うことができた彼女たち。

その後は何らかの体験により、今の自分を肌身で感じることで、自己肯定できたという意見が多数ありました。

 

「ヨガで身体の痛みを受け入れ、あるがままの自分の身体を感じることを学んだ。

肉体から自己肯定に入っていけた

(M.Kさん・36歳アパレルメーカー勤務)

 

「とにかく自転車で夜の街を走り続けた。

世界にひとりだけという感覚が心地よく、不思議と孤独を受け入れられるようになった

(R.Tさん・36歳出版社勤務)

 

「黙ってサーフィンに通った。

大きくて滑らかで、怖くて厳しくて、温かいお母さんみたいな海が自分を受け止めてくれた。

そのままでいいことに気がついた

(C.Sさん・36歳アパレルメーカー勤務)

 

iStock_000036239734_Small

また日々の仕事で成果を実感したり、褒められることで自己肯定できたという声も。

 

お客さんに、ありがとうと言われる仕事をし続けた。

利益や数字を出せたことを素直に喜んだ」

(N.Uさん・36歳アイリスト)

 

「上司からの絶対的な信頼を得るように努力した。

たとえ怒られても、認めてくれているということが自己肯定につながった

(C.Sさん・36歳アパレルメーカー勤務)

 

「人前で立って自分の言葉で伝える、という講師の活動をはじめた。

良い反応をもらうことで自分の存在意義を感じることができた

(C.Tさん・39歳ドレスメーカー勤務)

 

自分自身と向き合った後は、とにかく目の前にあること、できることを一生懸命し続けること。

そして、出した結果を自分に対して素直に褒めてあげることが大事なのかもしれません。

 

自己肯定感をはぐくむ立場に

iStock_000060474074_Small

最後に余談ですが、私は子育てを通じてはじめて、「自己肯定感」というキーワードに出会いました。

親になってはじめて気付かされることは本当にたくさんあります。

子どものありのまますべてを受け入れることの大変さ

過干渉に自分がなっていないか、勝手な自分の思いを押し付けていないだろうか……。

 

日々葛藤していますが、子どもに頼られて屈託のない笑顔を向けられることで、自分の自己肯定感も高められている気がします。

そして、改めて両親に対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

これからも高くなったり低くなったり……、波はあるかもしれませんが、1度きりの人生です。

あるがままの自分を精いっぱい楽しみましょう!

iStock_000064566375_Small

 

関連記事

【失敗が怖い…】「自己肯定感」が低くなる根本原因とは?

iida

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ