ライフスタイル

2015.04.30 UP

5月は大きな決断は避けて!心が不安定になる五月病の正体って?


iStock_000026267275_Small

わたしの住むバリ島には四季がありません。春も秋も冬もなく、あるのは夏だけ。

季節の節目を感じずに日常が流れていくという感覚は、それほど悪いものではありません。

しかし、四季を感じる感覚が懐かしくなることもあります。

 

みなさんの住む地域は、今頃どんな季節を迎えているでしょう?

そろそろ五月病の時期でしょうか?

 

だるすぎ!五月病の正体って?

iStock_000028568382_Small

5月から6月は、春にも夏にも属さない、季節の狭間とも言える時季。

耐え忍んだ冬の寒さから解放されて喜んだのもつかの間、気候がゆるやかに移ろう時期は、なんだか頭がぼんやりすることが多くなります。

生活にメリハリがなくなり、仕事でもミスが増えたり、なぜか涙が出たり……。

 

3月から5月にかけては、気候の変化に自律神経が対応しようとするため、心身の疲れを感じやすくなるのだとか。

その疲れが、5月のゴールデンウイーク明けにどっと出ることで、五月病といわれる症状があらわれるそうです。

 

kako-gFrVKolF3tGB7flO

季節の変わり目に心身の調子を崩しやすくなるのは、自律神経が疲れてしまうからなんですね。

 

休むことは、まったく悪くない!

iStock_000040107624_Small

いまの時期に気を付けたいのが、ツラい環境から無理に抜け出そうとすることです。

 

とくに仕事や恋人に関わることなど、大きな決断をするのは危険です。

自立神経が乱れると精神も不安定になりやすく、安易な決断を下してしまいがち。

 

不安な気持ちが膨らむのは、仕事や恋人のせいではなくて、自律神経の仕業という可能性も。

涙があふれてくるのも、誰のせいでもないんです。

 

こんな時は、あまり深く考えずに何事もやりすごすに限ります。

そのためにも、少し休みましょう

みなさんは、もう十分すぎるくらいに頑張っているんですから。

 

季節のうつろいが心に彩りをもたらす

Girl Sitting on the Beach

四季は美しいけれど、環境変化に対応しなければいけない身体にとっては、なかなか手ごわい存在ですね。

バリ島に移住してから気分が落ち込むことが少ないのは、季節が単調なことが理由のひとつかもしれません。

 

でも、うつろう季節はやっぱり魅力的だとも思います。

人の心も季節の影響を受けながら、少しずつ変化し成長していくのだと感じるからです。

 

今、もがいている経験が、きっと心に彩りと深みを与えてくれるはず。日本がちょっと恋しくなりました。

iStock_000025614739_Small

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ