ハピネス

2015.02.23 UP

働くママのリーママが「幸せと充実」を感じるための5つの言葉


iStock_000026512974_Small

子育てと仕事の両立、想像するだけでも難しいですよね。

でも実際、働きながらイキイキとしているワーキングママが多いのも事実。

 

また、様々なワーキングスタイルの中でも、一番縛りが厳しいのが、会社勤めする「サラリーマンママ」です。

 

略して「リーママ」。

広義には「働いてお金を稼いでいるママ」のことを指します。

 

博報堂では、「リーママプロジェクト」と称し、博報堂の社内ママメンバーが中心となって、働くママの力を社会に還元し、未来の幸せにつなげたいというプロジェクトが始動しています。

リーママたちへ 働くママを元気にする30のコトバ』という本も出版されています。

 

もがき苦しくても「大丈夫、なんとかなる」

iStock_000041393872_Small

企業で働くママたちは、どこか後ろめたい気持ちを持って働いています。

16時に退社する時のまわりの目の冷たさ。子どもが熱で急遽休みをとるときの嫌な雰囲気。

 

有休をとっているのに、自宅で結局大量の電話とメール対応……。

もがき苦しみながらも「せっかくここまでがんばってきたんだから、もう少しがんばってみよう」と力を振り絞っているんです。

 

そんなママたち自身の心の支えが「大丈夫、なんとかなる」です。

ほかにも、リーママたちを励ます「糧ことば」をたくさん紹介します。

まだ独身のアラサー女子にも、糧になる言葉がいっぱいです。

 

働くすべての女性に共通する「糧ことば」

happy mother with baby

「今が一番大変な時だから。これ以上辛い時は来ないから」

仕事と子育ての両立は、初日が一番大変。

でも、だんだん慣れてくるもの。絶対に子どもは成長します。

 

「もっとダメでいい」

できないことを並べるよりも、少ないけれどできることをきちんとやればいいのです。

 

「月に一回、自分のための有休をとる」

病気看病または病気療養のための有休は、休みじゃない。

月に一度の有休で、美容院、ネイル、買い物、リラクゼーションなど、思いっきり自分のための日をつくって、リフレッシュしましょう。

 

「諦めるは、明らめる」

優先順位をつけて、本当にやりたいことや、やらなければならないことに絞るからこそ、見えてくることもあります。

きっと賢い選択をしているはずです。

 

幸せは自分が決めるもの

iStock_000054676730_Small

大人の女性としての幸せと充実

それは、経済的余裕が少しばかりあることと、社会のため、会社の同僚のため、家族のために少しでも役に立てたと思えること。

そして、それらを自ら進んで行っていると胸を張って言えることが、自分の成長につながり、未来を築いていく力になります。

 

自分の未来を他人に預けるのではなく、自分の手で握るということ。

誰のためでもない、自分のためにこそ働く。

自分の意思で選んだ道だからこそ、後悔はない。

働くママのイキイキ感も、そんな自主性から生まれてくるように思います。

 

仕事と子育てを両立しているママたちは存在するのですから、今から諦めなくても大丈夫です。

「糧ことば」を手に、明日はもっとイキイキとして働きましょう。

hiroe

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ