ライフスタイル

2015.03.02 UP

副作用は少なく!ツラい「花粉症」を身体に優しく抑えるには?


iStock_000011126054_Small

写真を見ただけで、「ああ、もう辛い……」という方も多いのでは?

 

いよいよ花粉症の季節が到来! 今年の飛散量は例年より多め!

 

頭がボーとする、目がかゆくてゴシゴシ。鼻水がダラダラ。

薬を飲んでも眠くなっちゃう……。

これじゃ仕事になりません

 

そんなときは副作用の少ない「漢方」がオススメ!

 

漢方薬は「眠くなる」などの副作用が少ない!

iStock_000032782220_Small

そもそも花粉症とは、花粉が目や鼻などから体内に入ることでくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー反応を起こすこと。

 

アレルギーの症状を抑える抗アレルギー剤を飲むと、眠くなったり、だるくなったりしませんか?

そんな人にオススメなのが漢方です。

 

漢方薬は自然の木や草花などから採った「生薬」を組み合わせてできているので、副作用が少なく、眠くなったりしないのが魅力です。

また、その人の体質や症状にあわせた漢方薬を処方してくれるので、効き目が実感しやすいんです。

 

冷え性⇒「小青竜湯」、胃腸が弱い⇒「苓甘姜味辛夏仁湯」

iStock_000042335962_Small

花粉症で処方される代表的な漢方薬は、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみをはじめとしたアレルギー症状を抑え、ほとんどの体質の人に効きますが、中でも冷え性の人によく効くとされています。

 

胃腸が弱く、虚弱体質ぎみの人には、胃に優しい苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)などが処方されます。

 

鼻水、鼻づまり、目がかゆい時の漢方は?

iStock_000055653866_Small

花粉症といっても症状はさまざま。

 

鼻水が止まらない時には、体を温めて鼻水を減らす麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

 

鼻づまりの場合は、血行を促進して鼻の通りをよくする葛根湯加辛夷川芎(かっこんとうかしんいせんきゅう)辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

目がかゆい場合には、体内に熱を持っていると考え、体を冷やす作用のある越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)と、それぞれ症状別に適した漢方があります。

 

iStock_000024079316_Small

厚生労働省が花粉症の民間療法について調査したところ、漢方が効くと答えた人は5割にものぼったそう。

花粉症の症状別に処方される漢方薬で、イヤ~な花粉症を乗り切りましょう!

A-sakura

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ