ライフスタイル

2013.11.30 UP

【第16回】浮気のこと。条件の揃った彼氏と結婚する方法のこと。


橘:綺麗とかかわいいとかもね、もちろん見えるとこばかりも大切ですけど、でもね、それよりも、性格が可愛いとか、この子はこんなに可愛いところがあるんだってなったら、やっぱりいいなーって思うでしょ?

 

ひとみ:あれなんだろなーって話したことがあったんですよね。友だちの奥さんですごくステキな人がいて、なんか守りたくなる雰囲気があるというか。もちろん美人は美人なんですけど。あれは恥じらいがあるからなのか、なんなのか……ちょっと吉永小百合さんが持ってるような、うまく言葉で言い表せない雰囲気。

 

橘:本当に素で恥じらいを持ってる人もいるし、怖そうだけどユニークな方とかね。あとね、本当に強い女の人って実はすごく弱いところがあるの。

会社の中とかですごくバリバリやってるような人たち、弱いんですよ、ポキッと折れそうなところがある。で、逆に、いつもああだのこうだのって弱そうに見せてる女性って、実はすごく強いんですね。転んでもタダでは起きないっていうね(笑)。

 

ひとみ:実はすごく頑固だったりね。

 

橘:そうなの。だから、見かけではわからない部分って、すっごい人間ってありますよね。

 

ひとみ:先生も弱いですしね

 

橘:そうなの。すごく弱いの(笑)

 

ひとみ:(笑)

 

橘:まあ強い弱いっていうと、女性は強くはできてますよ。子供を産むようにできてるからね。土壇場に強いですよね。

だから、みんなそれぞれ相性がいい人に、いつ出会ってもいいように、うまくコミュニケーション作っておくっていうか。で、必ず聞くのね、女性に、どんな人が好きなの? って。すると、もう、お金持ちで、かっこよくて優しくてって、必ず入るじゃない? 条件が。

 

ひとみ:条件ね。もう条件を問わずって女性っていないんじゃないのかなって思いますもんね。

 

橘:だからね、そういう男性はどういう人を選ぶかよく考えて? って。自分の努力がそこからスタートじゃない? って言うんですよ。

自分はなんにも変らなくて、理想だけを求めるなら、それはむずかしいじゃないですか付き合ったときに同じ会話ができないと。

同じ価値観や思想がないと、話も弾まないしね。相手の好みに合わせられる自分作りをしてデートしたら楽しいでしょ?

自分の魅力作りをして、頑張ってほしいです。

 

ひとみ:ああ、そこが努力のスタート地点ですもんね。

 

橘:そうよ。気持ちをまっすぐに持って、努力のスタート地点に立ってはじめて「条件」とか言えるのよ。

 

(最終回の橘先生からのお手紙につづきます)

橘先生のプロフィールはこちら

photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ