ライフスタイル

2013.11.26 UP

【第14回】運命を変える人に出会った頃のこと ~30代は出会いによって、いくらでも輝くことができる~


橘:たとえば、本当に大変な人は大変って言いません。私もう大変なんですーって言ってる人って、まだ全然大変じゃないの。本当に大変な人は言えないの自分の信念とか精神性がピンッ! としててしっかりしてるときは、余計なことはしゃべりません。

 

ひとみ:激しく同意しますね。

 

橘:ただひたすら仕事に没頭していくだけなんです。だから、そういう言葉が出てこなくなったときに、いい仕事してますよ。口で言ってる間は、まだ自分の仕事はできてないの。たぶんそのうちわかります。

 

ひとみ:橘先生のお金の話をしましょうか。

 

橘:お金ってみんな大好きなんですけど、それを得ていくプロセスの差って出てくると思うの。たとえば、若い社長さんたちも素晴らしいとは思うんだけど、やっぱり昔の実績をあげてきてた人の努力っていうのは並大抵ではないんで。

なぜかというと、今の人たちは、私はちょっとよくわからないところもあるけど、身体を動かして、身体を作っていないことが往々にしてあると思うんですよね。まあもちろんその人たちが優秀だって言われてしまえばそれまでなんだけど、じゃあそれが永遠に続くかっていったら、なかなかむずかしいと思うんです。

 

ひとみ:仕事ってなんか頭脳ゲームみたいになってしまいましたもんね。

 

橘:上手に企業として続いていく会社もあるんでしょうけれど、昔の人は、身体を動かして、精神性を本当に大切にして、身を削りながらも、ズタズタになりながらも、会社を作り上げて、そして大きくしてきたわけですよね。

 

ひとみ:そうですよね。額に汗して。

 

橘:だから、過去の偉人たちに学ぶところって、精神性の部分はすごく大きいと思うんですよね。時代が違うって言われればそれまでかもしれないけれど、そうやって実績を出してきた人たちを見ると、並大抵の精神力ではできなかったと思いますね。

 

ひとみ:肉体と精神は常に比例の関係にあるって言いますもんね。

 

橘:だから、頭脳も大切だけど、精神性ってすごく大事だと思うんですよね。それと、自分の志が明確になってくると、必ずそこに賛同してくれる人が集まってくるんですよ。

で、自分ひとりでは成し遂げられないことが、そういうサポート力によって膨らんでゆく。それが少しずつ大きくなっていくのが、企業になっていくって思ってるんです。

 

ひとみ:今週の説法! って感じですよね。

 

橘:やだーもう(笑)。ただね、私ね、思うのは、男の人は仕事をするのも大事だけど、イイ女の人と付き合わないと、イイ男にはならないと思うの。ステキな女性と付き合ってる男性は、ステキだしね。

で、逆に、女の人もやっぱりね、男性に育てられる。育てるわけじゃなく、育てられる。お互い育てられる、育て合うんですよね。だから、ある程度、尊敬しあえる関係なら一番いいって思うんです。

 

ひとみ:尊敬しあえるって大事なんですね。

 

橘:なんか最近、ラクな人と付き合うっていう感覚の人が往々にして多いじゃないですか。一緒にいてラクって。私だったたぶん付き合わないんです(笑)。

 

ひとみ:ああ、先生はそうかもしれない。

 

橘:ラクっていう言葉は楽しいという字を書きますが、自分にないものを向上させてくれるような、そういう楽な人だったらすごく関心持ちますけどね。ラクな人だったら、お友だちで終わっちゃいますよね。

 

ひとみ:なるほど、なるほど(笑)。

 

:陰と陽が、陽と陽になっているんでしょうね(笑)。でも、30代って一番楽しいときだったの。それに、男性も女性も、男の人に興味がある、女の人に興味があるっていう、そういう年代じゃないですか。20代とかもそうだろうけど。一番人生を変える人に会う時期っていうのかな。そんな気がしますね。

 

ひとみ:人生を変える人。

 

橘:結婚相手も一番見つかる時期でしょ? 結婚相手以外でも、たとえば自分の人生の指針を示してくれるような人。運命の人に出会うっていう。そういう時なのかなって気がしますよね。

人それぞれ人生のそういうのって違うかもしれないけれど。私はちょうど30歳のときに助けられたご夫婦がいましたね。世界は思っているよりも広いから、もっと世界を見なさいって言って、海外にまで連れてってくれたご夫婦がいたんです。豪快でしたね、昔の人たちは。

 

 

ひとみ:出会いがあって、人生が変化し始める

 

橘:東京に生まれ育ってるとあまり感じないことかもしれないけれど、私は地方で育っているので、地方から東京に出てくるだけですごいことなんです。だから余計に出会いに敏感なのかもしれません。

 

(つづきます)

橘先生のプロフィールはこちら

photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ