ライフスタイル

2015.01.13 UP

簡単すぎる!! 誰でも料理上手にみえる「ゆで卵」の変身レシピ


iStock_000040359166_Small

男性が本気で好きになる女性に求めているのは、華やかなネイルアートが施された指先や盛りまつげではなく、美味しいモノを食べさせてくれるかどうかということ。

このような意見もありましたが、「男をつかむなら胃袋をつかめ」と昔から言われているように、美味しい料理が作れる女性は、やっぱり魅力的なのです。

 

簡単なのに料理上手に見える!おもてなし「ゆで卵」

egg1

普段は唐揚げやキムチ豆腐でも、ときには少しオシャレなおつまみを用意することで、新鮮な驚きを演出することができます。

 

その代表格が卵料理。

さまざまな料理に応用できる卵は、とても使い勝手の良い食材です。

 

今回は「ゆで卵」で、オードブル風のおつまみを作ってみましょう。

少し手を加えるだけでゆで卵が大変身しちゃう、驚きのレシピですよ!

 

レシピ

egg2

作り方はとっても簡単。

熱湯で15分間茹でた卵を水にとり、皮をむいたら半分に切ったら、卵黄を取り出します。

 

egg3

フォークでつぶし、マヨネーズと少量のマスタードを混ぜ合わせてふわっとした状態にさせたら、白身に戻し入れます(卵3コ、マヨネーズ大さじ1〜1½、マスタード小さじ1、塩・コショウ少々が2人分の目安)。

以上!!

 

egg4

※写真では絞り袋に卵黄ミックスを詰めていますが、スプーンですくって詰めればOK。

 

ハムやスモークサーモン、海老などを飾れば、あっという間にワインに合うおつまみの完成です。

華やかで色鮮やかな見た目は、女性のお友達にも喜ばれそうですね!

 

iStock_000031553294_Small

日々の試行錯誤に加え、「美味しいものを食べさせてあげたい」と思う気持ちが料理上達への近道のように感じます。

 

また、誰かに料理を振る舞う経験も大切。

初めはあたふたしてしまいますが、手際がよくなるのと同時に、おもてなしの仕方も分かるようになってきますよ。

 

彼や友人を招いた時に、キッチンでささっとおつまみが作れる女性は、誰の目から見ても素敵です。

「いつ運命の人が現れても大丈夫!」と自信を持って言えるように、ストレスフリーでチャレンジできるお手軽料理をいくつかマスターしておきたいですね。

 

Photo by shopterrain.comthekitchn.com

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ