ハピネス

2014.12.04 UP

編集部おすすめ

スマホの写真で自分だけのグリーティングカードを作る方法


写真 2014-11-24 16 32 17

街はもうクリスマスムードですね。クリスマスが終われば一瞬にして、街はお正月の化粧を始めます。

クリスマスやお正月と言えば、カードや年賀状をやりとりして、お世話になっている人に日頃の感謝を伝える習慣がありますよね。

 

大切な家族や恋人、友人たちに、あなたはどうやって自分の気持ちを伝えますか?

 

伝統的な気持ちの伝え方だったら?

image003

「クリスマスカード」や「年賀状」(最近では一緒にして、ひとつのカードにする人も多いそうです)を手書きで送るのもいいですよね。

私も手書きのコメントが好きで、宛名や小さなメッセージは手書きで添えることもよくあります。

 

しかしウン百枚単位の量になると、手書きのコメントは一苦労しますよね。ヒツジ年の年賀状を描き終えるころにはサル年になっていた、なんてことも……それはないか。

 

スマホで手書きのコメントがつくれる!

image006

カメラを片手にときには芸能界、ときには大自然を飛び回り、数々の受賞歴を持つプロカメラマン改め、プロ写メラマンでもある私が、今回はスマートフォンでクリスマスカードおよび年賀状を作ってみようと思います。

 

今回使用したアイテムはコチラ!「GALAXY Note Edge」

image008

GALAXY Note Edgeは、手書きが好きな私にとって嬉しい「Sペン」が付属しています。

撮影した写真の上にメッセージや絵を手書きで添えることができるのです!

 

そして、何よりスゴいのは、インカメラの広角レンズ!

 

例えば、私のiPhoneのインカメラだとこうなります。

image010

 

そして、こちらがGALAXY Note Edgeのインカメラです。

image011

これだけワイドな広角レンズを搭載していれば、いろいろ遊べますよね。

 

20141123_170102

手始めに、仕事で撮影した婚礼会場にて、結婚されたご夫妻にGALAXY Note Edgeを渡してみました

 

インカメラを自分の方に向け「チーズ!」

image014

今回は、ご新郎さまにGALAXY Note Edgeを持ってもらい、会場も広く写るように撮ってもらいました。

 

インカメラを自分に向けてGALAXY Note Edgeに「チーズ!」と大きな声で話しかけると、3秒セルフタイマーが自動作動し、オート撮影することができます

これは、いちいちシャッターを押して、手ブレしたり構図が悪くなる心配がないから便利です!

 

いろいろ描けちゃう「Sペン」がおもしろい!

image016

GALAXY Note Edgeに付属しているSペンで、可愛くお絵かきできるのも嬉しいポイントです!

 

ペンの種類も豊富なので、本当に自由自在。

鉛筆や万年筆、筆ペンまであります。ちなみに写真ではマジックペンを使っており、線が重なったところだけ濃くなるのでリアルに描けました。 

image018

 

手書きなのでメッセージに心をこめられます。これで年賀状は完成ですね!

 

顔の明るさ調整がうれしい!

Screenshot_2014-11-25-17-11-55

逆光で暗くなってしまった顔も、簡単に補正してくれます。これは便利!

そのほか、ピンボケを直してくれたり、赤目補正の機能も。

 

せっかくですから、この写真をデコレーションしてクリスマスカードにしてみましょう!

image022

 

いいですね! ちょっと「ドキッ」ってしてしまいますねぇ!

 

プリントアウトも、メールで送付もOK!

2014-11-21 17.03.21

さて、ここまでつくったデータを、街のプリントショップで印刷して、いつもお世話になっている方に送ってみるのもいいですね。

時間をかけて作ったものは、必ず相手の心に響きます。ぜひ、この寒い季節にHOTな贈り物を送ってみてください。

 

手間なく済ませるなら、メールに添付して送るのもいいと思います。

冬の寒い朝に出社し、仕事のために開いたパソコンにかわいいクリスマスカードが送られてきていたら……。

心温まるプレゼントをもらったような、嬉しい気持ちになりますね。

 

SNSに投稿して、さらに楽しむ!

image024

SNSに投稿するのもおもしろいですね。今回は、私のFacebookに投稿してみました。

ただのセルフィーの写真だとそっけないですが、加工して載せると周りも楽しめるようになりますね!

 

最後に余談ですが……

image025

私もインカメラで自撮りして、北海道の田舎に住む両親に「元気にやってますメール」を送ることにしました。

しかし、プロ写メラマンですから、少し工夫してセルフィーしてみようと思います。

 

image027

ロケ地は多摩川堤防。

道端にあるポールにGALAXY Note Edgeを横に立てかけ、画面を確認しながら5秒セルフタイマーでこのような写真を撮ってみました。

 

ワイド撮影のおかげで、落書きスペースがたっぷり 

image031

さらに、ここにメッセージを描きます。

 

image029

私は筆ペンが好きなので、今回も筆を使用。

字が汚いので母に不安を感じさせないか心配ですが、気持ちは届くはず!!

 

さらに、上記の写真は逆光ですが、多彩な露出補正モードを使って撮影しています。 

image033

 

手ごろな一眼レフカメラに劣らないメニューと、ワイドインカメラ。これはものすごく使えそうです。

 

母からすごい勢いで電話がかかってきました。

「息子(36)」の写真を母に送ってみたところ、すごい勢いで電話がかかってきました。

 

母「お前……なにかあったのかい?」

私「いや、なにもないんだけどさ……」

母「そう……正月は帰ってこれそうかい?」

私「うん、3年ぶりに帰れそうだよ」

 

こんな会話が、私の心を優しく温めてくれました。

以上、プロのカメラマンが教える、GALAXY Note Edgeを使った写真の撮り方・送り方でした!

 

image001

 

Photo by GOTA

小石川 豪太

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ