ライフスタイル

2014.11.28 UP

「こんな瞬間を待ってた!」究極の男女愛を描いた名画たち


DT1969

(Photo by メトロポリタン美術館

 

フランスの画家、ジャン=レオン・ジェロームの描いた『ピュグマリオンとガラテア』という絵があります。

接吻をしている男女の絵なのですが、この絵を見ていると、ため息とともに甘美な印象が体中をかけめぐります。

ピュグマリオンというのは、ギリシア神話に出てくるキプロス島の王のこと。

人間の女性には見向きもせずに、理想の女性・ガラテアを大理石の像に掘り上げた人物です。

 

その像が生命を授かり彼の妻となるのですが、ジェロームが描いたのが、2人の接吻の瞬間なのです。

ガラテアの足の部分はまだ大理石ですが、上半身は人間になっていて、ピュグマリオンの接吻に応えるかのように腕をまわしてい
ます。

 

女性なら憧れるシチュエーションを表現

7bc31f42e19d6b97dea178558ff752ae

この絵の中で良いのは、ピュグマリオンの顔。

ガラテアの後頭部に隠れて見えにくいですが、恍惚の表情を浮かべています。

理想の女性を手に入れた無垢な少年のように、彼女を仰ぎ見ながらその体を無我夢中で抱きしめている、といった感じです。

こういう瞬間って、誰でも憧れますよね。

キスによって生命が覚醒するなんて、ロマンチックで官能的です。恋に落ちる、まさにその瞬間を描いています。

 

b4e5873bad36228a04c3f7b5aa28363c

恋は相手の中に理想を見出すことでもありますが、この絵の中にはその情熱と心情が現れています。

女性であれば、誰だってこういう時が来るのを待っているものであり、「一度はこんな場面を味わってみたい」と思うはずです。

この絵の制作当時、ジェロームは66歳。

印象派のマネやルノアールにはない、静謐で情熱的な魅力にあふれています。

 

キスの瞬間を描いたもう一つの名画

Gustav_Klimt_016

(Photo by オーストリア絵画館

オーストリア人画家のグスタフ・クリムトが描いた『接吻』も有名な絵ですよね。

この女性のモデルは、彼の恋人だったエミーリエ・フレーゲだとされています。

金箔が多用された黄金色に輝く中、まさにいま「接吻」を受けようという女性がいます。

女性の「このときを待っていたの」といった表情には、グッと惹きつけられるものがあります。

この絵の制作当時、クリムトは46歳です。

 

『ピュグマリオンとガラテア』はニューヨークのメトロポリタン美術館に、『接吻』はオーストリア絵画館に所蔵されています。

残念ながら、どちらも本物は見たことがありません。

「一度、本物を見たいものだ」と思いながら、画集を眺めている秋の夜長です。

 

Image photo by Pinterest

かわの ももこ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ