ライフスタイル

2014.10.27 UP

料理にデザートにお風呂!知らなかったワインの有効活用法


0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f

せっかく買ったワインが口に合わないこと、ありますよね。わたしも何度も経験済みです。

とはいえ、その経験こそが新たな発見につながることもあるので、気を落とさず! 失敗ワインの活用方法を、ぜひ一緒に考えてみましょう。

 

「ワイン風呂」でお肌しっとり、艶やかに・・・

wine spa
ちょっともったいない気もしますが、思い切ってお風呂に入れてみましょう。海外では、ワインを使った美容トリートメントも少なくありません。

箱根の温泉テーマパーク「ユネッサン」にもワインの美容効果を謳ったお風呂がありますよね!

ワイン風呂に浸かれば、美肌へ近づくと同時に、優雅な気分にもなれそう!

 

カクテルやデザートにして楽しむ!

ANGIE×きなり

おそらくもっとも簡単なのが、果汁100%のジュースと割ってみる方法。ちょっとしたカクテル気分が楽しめますよ。

 

ひと手間かかりますが、一口大にカットしたフルーツを器に盛りつけて、ワインとサイダーを注げば、大人味のフルーツポンチに。これをゼラチンで固めればオシャレなデザートの完成です。

 

0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f

肌寒い今の時期、温かいデザートはいかがでしょう? レンジでパパッと作れる「りんごのコンポート」は、常備しておくと便利ですよ!

温かいコンポートは、アイスを添えたり、冷めたらヨーグルトにかけても美味しくいただけます。もはや失敗ワインなんて、誰も気づかないレベルかも!?

 

【作り方】: いちょう切りにしたりんご1コ分、砂糖大さじ1、ワイン大さじ2~3を耐熱容器に入れて、ラップをふんわりかけて2分加熱。

全体を混ぜて、さらに1〜2分加熱すればできあがり!

 

料理酒代わりに使ってみて

wine cooking
洋風のお料理を作る際に使えば、深みのある味わいに! 和食に使う料理酒の要領で、どんどん使ってみましょう。

 

たとえばフライパンで肉や魚を焼くときに、失敗ワインを大さじ2~3程度かけて焼けば、身がふっくら、香りもよく仕上がります。

また、たくさんワインが余っているなら、ビーフシチューなど煮込み料理に使うと、一気に消費できちゃいますよ。

 

0bfca45488b08b436f3554f44ab27f5f

白ワインがイマイチのときには「玉ネギの白ワイン煮」を作ってみましょう!

玉ネギだけなのに、びっくりするぐらい美味しいと評判です。ワインがなければ、ただの野菜炒めになっちゃうこのレシピ、失敗ワインの底力を実感できるはずですよ!

 

【作り方】: スライスした玉ネギ2~3コとニンニクひとかけを、オリーブオイル大さじ2で3分ほど炒めたら、白ワイン½カップと乾燥ハーブ小さじ1を加えて、玉ネギが柔らかくなるまで10分ぐらい煮込みます。

塩・コショウをして全体を混ぜて、さらに5分ほど煮たら完成!

 

ワインを選ぶ上で「お気に入りの1本」に出会うためには、やはり実際に飲んでみるしかありません。

今回の活用法を頭の隅に入れておけば、ワイン選びで失敗しても怖くありませんね!

 

Photo by Pinterest

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ