ライフスタイル

2014.10.23 UP

朝の冷えも怖くない!スッキリ目覚めるための快眠のコツ


213ed08c8842483e7e4c0da75cc62f07

朝起きたとき、寒さで体が冷えてしまっているとなかなか布団から出ることができませんよね。

 

真夏の暑さで眠れないのもイヤだけど、明け方に冷えで目が覚めるのも避けたいところ。眠りが浅かったり、体が十分に温まらないのは「質のいい睡眠」がとれていないからかもしれません。

そこで、スッキリした目覚めで良い朝をむかえるコツを紹介します!

 

無意識の「締めつけ」をなくすノーランジェリー

79860a3d1318a5f9dfd1e7c8624fe7b6

形のくずれなどを気にして、寝るときもブラジャーをしている人は多いかもしれません。ですが、「不眠」で悩んでいるのなら、そうした「締めつけ」から解放されてみませんか?

 

歌姫のクリスティーナ・アギレラは「常に自由でいたいの」と下着を身につけないことで有名。レディー・ガガも「生まれたままの人間の体が好き」と、ノーパン・ノーブラスタイルで公の場に姿を現すこともあります。

 

「寝るときは下着をつけた方が良い」という説もありますが、締めつけ感のあるブラジャーは深い睡眠の妨げになり、通気性の悪い下着だと汗が蒸発せず、不快感の原因になったりします。

 

「スース―するのがどうしても……」という人は、ゆったりサイズのパンツ、さらにシルクや綿100%など肌にやさしいものを身につけるといいですね。

 

入浴後は30分以内にベッドルームへ

35e846802db6c0f0538d406b22163c2a

いい眠りにつくためには、体が温かいままベッドに入る必要があります。寒い季節は特にそうですね。

だから、入浴後はなるべく早めにベッドルームに直行したいところ。

 

「お風呂上がりはやることがいっぱいで、すぐには無理!」という人は、パックなどのスペシャルケアや歯磨きは入浴中の湯船の中で、ストレッチはベッドでするなどして、冷えるスキを与えないようにしましょう。

 

eb1361f890ac81b408a882f3e8e7277c

私が実践している入浴後のスケジュールを参考までにご紹介します。

 

1.顔と髪の毛をふいたら化粧水を顔にオン、濡れた体にそのままボディオイルやクリームを伸ばす

2.パジャマを着て歯磨きスタート(湯船で磨いてもOK)

3.乳液を顔につけたらヘアケア&ヘアブロー

4.(フェイスクリームを塗り)、水分補給したらベッドでストレッチ

 

この流れ作業に慣れてしまえば、すべて終えてベッドに行くまで、ちょうど20分くらい。睡眠時間も確保できるので一石二鳥です。

 

就寝前は手にしない!スマホ依存からの解放

c7786cab1b667f0744756f9cda153289

スマホを目覚まし時計がわりにしている私。時間を確認するために手にしただけなのに、寝る直前にゲームを始めてしまいます。

そんなときは、「1日1レベルあげたら終わり」「ハートがなくなったら終わり」など、自分なりのルールを決めてみるといいかもしれません。

 

SNSで他人の近況をチェックしてしまう人はなんでもかんでも「いいね!」やコメントをするのではなく、自分の心に響いたものだけにリアクションするなど、「なんとなく」スマホをいじる時間を減らしてみましょう。

 

「寝る前は10分だけ」など時間を区切って、あとは雑誌や本を読むなど別のことに切り替えるのも、質のいい睡眠を得るためには効果があるのではないでしょうか。

 

ヒーリングソングで眠りにつく

36675bfe1faeaa2ec919a40d6124e138

あまり馴染みがないかもしれませんが、就寝前に聞くと寝つきがよくなる「睡眠用BGM」というものが手軽に手に入ります。

 

川のせせらぎや小鳥の泣き声など、自然の中で寝転がっている気分になれるものも多い睡眠用BGM。

しかし、「野外にいる感じが緊張して逆に眠れない」という人は赤ちゃんが寝るときに聞くタイプや、クラシック音楽など、「自分が眠りに誘われる音」を探してみましょう。

 

ffab50ab104b2d0ff3c8a09911df7f24

いかがでしたか?

 

「質のいい睡眠」をとるためにちょっと意識するだけで、翌朝の体調が驚くほど変わるかもしれません。頭の中の「モヤモヤ」も、こうした眠りによってスッキリするものです。

よく寝ることで嫌なことはさっぱり忘れ、仕事に恋に1日を楽しみましょう!

 

※参考: ネムジム

Photo by Pinterest

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ