ライフスタイル

2014.10.21 UP

効果抜群!彼氏と燃えあがること間違いなしの「媚薬フード」3つ


6d082493caac96a6beaf4b938c4da928

クリスマスに向けて、勝負下着の購入を検討し始める時期が今年もやってきます。自分の中ではセクシー気分が盛り上がるものですが、男性にとっては下着よりも生身の身体の方が気になるそうですよ。

 

そこで、今年は下着ではなく、ちょっと違った方法で彼とのセクシータイムを盛り上げてみませんか? 栄養士であり、ジャーナリストのエスター・ブラムさんに、催淫効果バツグンの食べ物を聞いてみました。

 

ホルモンバランスを整えてくれる「卵」

aphrodisiac2

「ブレックファスト・イン・ベッド」という言葉をご存知でしょうか?

ベッドの中で朝食をとるという意味で、休日の朝にぴったりの過ごし方です。トーストとコーヒーだけでは味気ないので、オムレツや目玉焼きも添えてみましょう。

卵はホルモンのバランスを整えるだけでなく、性欲を保つ働きをするビタミンB6も含まれています。さらに卵のたんぱく質には、エネルギーチャージと脳をスッキリさせる効果も。

 

彼と一緒に「ブレックファスト・イン・ベッド」を楽しんだ後は、ラブセッションも盛り上がりそうですね!

 

「サーモン」で感じやすいカラダづくり

aphrodisiac3

魚や木の実などに含まれるオメガ3脂肪酸には、血液の流れをよくする働きがあります。また、脳を快感状態へと導く「ドーパミン」の分泌を促してくれるため、オメガ3脂肪酸たっぷりのサーモンを食べれば感じやすい状態に!

 

マグロや鯖は、サーモン以上にオメガ3脂肪酸を含む魚です。「最近、あっちの方がマンネリ気味だな」と感じているなら、今夜はお寿司で決まりですね!

 

陶酔感をもたらしてくれる「チョコレート」

aphrodisiac4
セクシーな気分を演出するのはムードだけでなく、気持ちの問題ということが多々あります。イライラしているときや、ストレスを感じているときは、リラックス効果のあるチョコレートを食べて気持ちを落ち着けましょう。

 

カカオに含まれる「フェネチルアミン」が、快感や陶酔感をもたらす「エンドルフィン」を分泌してくれるので、デートの前にはチョコを食べておくと良いかもしれませんね。カロリーが気になるなら、美容にもダイエットにも効果的なダークの板チョコがおすすめです。

 

4c8e745a78a35fa39d56e852e78ebbb6

他にも、牡蠣やステーキ、桃やオーツ麦なども媚薬効果が期待できる食べ物です。

クリスマスに向けて、今のうちから気分を盛り上げていきましょう!

 

※参考:Women’s Health Magazine

Photo by Pinterest

イヴォンヌ麗

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ