ライフスタイル

2013.11.06 UP

【第4回】30代の頃ってニュースに興味なかったんですよね。もう自分の世界のことだけで。


橘:若い女性のほうが、そういう感覚がなく、まだそこまで気が付かないんですね。でも、親を見て育つというので、じぶんのお母さんがどんな生き方をしているかとか、そこのおうちの家庭がどういうふうに成り立っているかによって違ってくると思うんです。

 

ひとみ:そうですよね。

 

橘:だから、その若い人たちが父親や母親になったときに、今度はじぶんの子供にどういう生き方を、姿を見せるかっていう、それが大事だと思うんですよね。

やっぱり身近なところから幸せに近づいてくると思うんですね。遠いところを求めるよりも、まず身近なところの幸せからかな少しずつ幸せや愛が広がっていくんじゃないかなって思うんですね。

 

ひとみ:ああ、なるほど。

 

橘:そうだと思いますね。大きいところばかり。たとえば、宝くじに当たりたいって、毎回ね、宝くじを買ってもなかなか当たらないでしょ?(笑)

それだったら、日々貯金してれば、百円ずつ貯金してれば貯まりますよね(笑)。

 

ひとみ:小さいところからコツコツやっていくような発想でもって、お仕事をしてこられたから、今日の地位がある、ということですよね。

 

橘:いやー、私も高い意識を掲げてがんばった時期もあったけれど、与えられたことを大事に生きてきただけです。私はなんか、美容の世界において、もっとこうなりたいっていう憧れの人物はいなかったような気はするんですけども。

 

ひとみ:意外ですね。

 

橘:そうです。

 

ひとみ:それは先生が美容業界の第一人者だからじゃないですか?

 

橘:いやいや、もっと有名な方はたくさんいらっしゃいますよ。マスコミに登場している方とか。

 

ひとみ:ああ、なるほど。

 

橘:たくさんいると思うんですけど、美容家の方で尊敬する方っていうのがいなくて。今だったら誰がいいかな、女性としてステキだなって思うのは……緒方貞子さんと、櫻井よしこさん。

 

ひとみ:国際政治学者の緒方貞子さんですよね。櫻井よしこさんは、慶応大学を経てハワイ大学を卒業なさったジャーナリストで。

 

橘:そうですね。

 

ひとみ:櫻井さんはニュースキャスターもやってらして。

 

橘:そうです。ニュースキャスターも。ああいう、なんていうか男前な感じで、知性と教養ががあって。緒方さんも櫻井さんも、きちんとキャリアを積んだ生き方をしているところを尊敬します。

でもなんか、好きなひとの前ではすごく可愛い女性になるんじゃないかなーって、ひとりで想像したりしながら(笑)。

 

ひとみ:あー(笑)。わかりますね、すごいわかります。やっぱり30代の女性とかも、もっとニュースを見たほうがいいって思いますか?

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ