ハピネス

2013.11.04 UP

仕事が忙しい、綺麗になりたい!幸せになりたいなら、自分を変える【第3回】


a793861efc2acd6261b441d1127a03a8

橘:私の場合の出会いっていうのは大体、突然やってきてなんとなくピッと感じるものがあるんですよね。そのときはなんにもないんですけども、必ずあとでまた再会するんです、どこかで。

それは本当にビックリだった。3人目のときは、あ、また違うところで出会うのかなって思いましたね。だから、なんていうんでしょう、感覚? アンテナ? みたいなものが、ピッとそのときに閃くんですよね。そのときボーッとしていてもね。

 

ひとみ:閃くんですね。

 

橘:閃くんですよ。なんかそういう人と会ったとき。だから最初からなんとなく、「あ、この人と付き合うのかな?」って思う人とは付き合って。でもなかなかないですよ。10年に1回くらいしかない(笑)。

 

ひとみ:セミだって7~8年で地上に出るのに(笑)。

 

橘:すぐには来ないですよ(笑)。

 

ひとみ:お仕事もね、お忙しいみたいですしね。

 

橘:そうですね。でも、仕事が忙しいとか関係ないんですよ。

 

ひとみ:そうなんですか?

 

橘:うん、忙しいときにみんな会う。

 

ひとみ:忙しいときにみんな出会ってる?

 

橘:そうです。意外とアンテナとか張ってないです。だから、いつでも自分らしくいたほうがいいかなって、女性は。いつ出会ってもいいようにね。

 

ひとみ:なんか女性って、仕事と恋愛のバランスをいつでも取ろうっていう発想の人が多いと思うんですよ。そういうのって本当は関係ないんですか? 仕事が忙しいときのほうが出会えるっていうか。

 

橘:いや、それはわからない。その人によって違うと思うんですけど。仕事が忙しいから家事ができないとか、仕事のせいにはならないような気がします

 

ひとみ:あー! なるほどね。

 

橘:うん。それはできない理由であって、それはじぶんですよ、きっと。自分の魅力が発揮されてない。だから、じぶんの魅力が出ているときに、そういうじぶんとあう人が見つかるんじゃないかと思いますよね。

 

ひとみ:結婚相手は?

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ