ハピネス

2014.09.15 UP

アンジェリーナ・ジョリーの唇に学ぶ!女のコンプレックス克服法


0e606a6b4012eb61c18fee73c56273f3

アンジェリーナ・ジョリーの最大の魅力といえば、あのぽってりと厚く、しっとりと艶のある唇

でもちょっと思い出してみてください。子どもの頃のこと。唇の厚い女子が「やーい、たらこクチビルー」とクラスでからかわれていたことを。あの時代だったら、アンジーも今のように光り輝かなかったかもしれませんねぇ……。

 

と思ったあなた、はい不正解。

アンジェリーナ・ジョリーはたとえどんな時代だったとしても、きっと世界のカリスマになったはずです。だって彼女は、コンプレックスを力に変えることができる人だから。

 

痩せない?本気で変わろうと思ってる?

0e606a6b4012eb61c18fee73c56273f3

「コンプレックス」、日本では「劣等感」という意味で使われることが多いと思います。みなさんもコンプレックスのひとつやふたつ、あるのでは。

容姿や性格、家庭環境など「もっとこうだったら良いのに」と悔しい思いをした経験のある人は少なくないはずです。

 

でも、コンプレックスがあることで、目標が持てたり、他人の気持ちがわかるようになったり、コンプレックスのよい効用もあると思います。

私は20代の頃に今よりも10キロ以上太っていたので、1年のうち365日、常にダイエットに明け暮れていました。当時は何かにつけて、痩せられない理由を正当化するのがクセでしたが、痩せて見た目も人生も変わってからは、容姿を嘆くことは自然と少なくなりました。

 

009032-R1-E027$!400x

本気になれば、見た目を変えられるってわかったから。

素材の悪さを理由に北川景子の悪口言ってる暇があったら、走りましょう。一重まぶたが恥ずかしかったら、ざわちんのメイク本で研究しましょう。

 

日々の努力は、確実に女性を美しくします。性格、環境もしかり。生い立ちや社会の仕組みを嘆く暇なんてありません。誰もあなたの人生の責任を取ってはくれません。

問題提起だけは一丁前な、なんとか評論家になってしまってはいませんか?

肝心なのは、その先。問題は解決するから面白いのです。

 

アンジェリーナ・ジョリーが変えた世界の美意識

3e47ceb17220b0ad2fba40ef09387380

アンジェリーナ・ジョリーが日本のメディアに登場した当初、話題になったのはあの「セクシーな唇」でした。挑発するような目つきで、厚い唇を強調するように少し突き出す姿は、強烈なインパクトがありました。

 

何も隠さないけど、あたし綺麗でしょ」という感じ。

 

欧米ではもともと厚い唇が好まれるそうなので、彼女が自身の唇を嫌っていたとは限りませんが、世界には逆の美意識を持つ国も少なくありません。

前述のとおり、日本もかつては「たらこクチビル」として、負のイメージが強かった要素です。

 

でも今となっては、石原さとみをはじめポテポテ、プルプルした唇が流行っているじゃありませんか。

アンジェリーナ・ジョリーの前と後では、唇の良し悪しは180度変わったと言っても過言ではないでしょう。コンプレックスを克服するなんて生ぬるいことではなくて、唇を利用してのし上がり、世界の美意識までもひっくり返したのです。

 

そのコンプレックス、利用しちゃいなよ

3e47ceb17220b0ad2fba40ef09387380

彼女が特別な存在であることは言うまでもありません。でも、誰だって自分をプロデュースすることはできるはずです。

他でもない自分なんですから。

 

今はコンプレックスに人生をのっとられたように感じるかもしれませんが、目をそらさずとことん向き合ってみてください

コンプレックスはあなたの全てじゃない。劣等感にしばられる必要なんてありません。

のっとられた人生を取り返して、次に世界をのっとるのはあなたかもしれませんよ。

 

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ