ハピネス

2013.11.08 UP

「強く願っても夢はかなわない!」ってなったときに、破れかぶれで私がやった3つのこと


95cec8044fee3234cc686e9fa9abaaa4

「夢は強く願えばきっとかなうのよ」いつか夢の国のパレードで聞いた魔法の言葉です。

わたくし34歳独女、強く願えば夢はかなうと信じて過ごしています。子供のころ描いた夢は、発想が豊かすぎて実現させることが難しいこともありますが、物心ついてから見た夢は、強く願えばかなうのだと、私は信じています。

こんなわたしでも、「強く願っても夢はかなわないんじゃね?」と思ったことも当然あり、そこを破れかぶれになりつつも乗り越えてきたから、どうにかバリスタスクールへ通いながらJBAという協会のライセンス取得し、Cafe開業もしくは素敵なcafeで理想のコーヒーを淹れたいという夢をかなえるため本業と両立させながら日々奮闘しています。

今回は、「強く願っても夢はかなわない!」ってなったときに、なにをやれば、それなりにカッコ悪くても、乗り越えていけるのか? について、ご紹介したいと思います。

 

1:同じ夢を追いかけている人へ体当たりした

憧れのおしゃれなCafeへ「働きたい」と理想だけを胸に面接に臨み、「飲食の世界をなめたらあかんで!」とばかりに浅はかさを指摘されました。しかし、このとき面接をして下さったバリスタさんが「あなたの熱意が本気かどうか、バリスタの学校へ通って見極めてみてもいいんじゃない? あなたが本気なら今度面接に来たとき、私が育てます」と言ってくださり、夢の入り口へ導かれました。

その道のプロを味方につけることが、夢をかなえる第一歩ではないでしょうか。

 

2:親に相談した

親にとって子供はかわいいもの。夢を理解して協力して欲しいという気持ちから、素直に親に相談をしましたが、「あなたの夢は全く理解できない! 事業計画書と貯金を提示しなさい!」と大きな壁となりました。しかしながら「絶対に成功してみせる!」と逆に励みとなったので、親はうまくブレーンとして取り込んじゃうことが大事かと思います。

親との関係によっては、親にナイショで夢をかなえる人もいるかと思いますが、 親に夢を伝えて、反対されればされるほど「燃えてくる」のも事実ですから、親とどんな関係であれ、夢は親に伝えたほうがかないやすいのではないでしょうか。

 

 

3番目は女史ならではの武器かも!>>

青山 愛里

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ