ライフスタイル

2014.09.12 UP

ブリっこ女子は嫌われがちだが、サバサバした女性は好まれる!


Screenshot_9

同性に嫌われる女性タレントランキングを見たことがあるでしょうか?

ランキングに名を連ねるのは、不倫など社会的に反発の大きいスキャンダルのあったタレントや、キャラの作りすぎでウソ臭さ満載なのにテレビで頻繁に見かけるタレントが多いようです。

そんな中で、毎年のようにランクインしているのが、芸能界の「ご意見番」と呼ばれる和田アキ子さん。彼女の売りは、ズバズバした物言い。

世の中、ブリブリした女性は嫌われがちですが、サバサバした女性を好むひとは実際多いはず。

なのに、どうして彼女はウケが悪いのでしょうか?

 

なんでも言うから嫌われる!

d252862de10dde1a77332c5b18f67e8d

悩めるANGIE世代、ひとの悩みを聞くことはよくありますよね。

知人の相談にのって「どうにか私が助けてあげたい!」 と、思ったことはなんでも意見していませんか?

仲の良い友だちなら、なおさら厳しいアドバイスをすることもありますよね。

あなたはもしかすると、「周囲はそんな自分を頼りにしている」と思っているかもしれません。

 

でもある日、親しい友人からこんな意外なことを言われたら?

意見をはっきり言ってくれるのはありがたいんだけど、あなたと話しているとたまに、頭をガツンと殴られた気になるんだよね……」。

あまりにズバズバものを言いすぎて、相手を「守る」ことをしないひとは、本人は頼りにされている、と思っていても、周囲はそう思っていないかも。

では、相手を「守る」とはどういうことでしょうか。

 

お口にだってTPO!

sign

それは、簡単に言えば「TPOを守る= 時と場所、場合に応じた話しかたをする」こと。

特に親しい間柄では忘れがちですが、自分の発する言葉が相手にとってどう作用するか? 相手の感情を逆なでしてはいないか? を考えなければ、せっかくの意見も理解されないばかりか、あなたの評価を落としかねないのです。

彼とケンカして言い合いになったときも同じ。

あんなこと言わなければよかった」って思ったこと、誰にでもありますよね。

 

5つのチェックで好かれる女史に

5bb5c75ff1f70081a2a24d44f6ec06ce

そんな状況を避けるには、次の5つのことに注意してみると効果的です。

 

1) 「ストレートすぎる言葉を使わないよう気をつける」― やわらかい言葉を使うことも時には重要

2) 「語調をやわらげる」― 同じ言葉でも、話し方次第で印象は大きく変わるもの

3) 「相手の性格を見極める」― はっきりした物言いを好まない人もいます

4) 「話す前に呼吸をおく」― 思ったことがすぐ口から出るあなたに効果的!

5) 「相手の表情を確認する」― 相手が不快になっていないか要チェック

 

f8ae0763c063e995d25fb448e7a0ee0e

いかがでしたか?

サバサバした性格は、かっこいい女性の特徴ですが、それは何でも思ったことを口に出すこととは違うんですね。

仕事でもプライベートでも、相手にもう少しだけ思いやりを持てれば、よりスムーズな関係を築くことができるはず。ぜひ実践してみてくださいね。

 

※参考: 『LinkedIn』 – Two Phrases That Can Change Your Life

Photo by Pinterest

Sae

Sae

フリーランス翻訳者/ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ