ライフスタイル

2013.10.17 UP

私たちが騙されるのは、バカだから?~巷で言われる『騙されやすい女』の定義にストップ!~


lgf01a201308050500

私は果たしてバカだったのか?

先日、私の二股体験コラムを読んでいただいた方からこんなことを言われました。

「さとるりさんってしっかりしてそうに見えるのに、どうしてころっと怪しい男に騙されちゃったんですか?」

私がしっかりしてそうかどうかはともかくとして。

 

その方曰く、最初から私が騙されたのは一目瞭然だったということです。

それは、『私とは、たった2週間に1度、彼の会社の近くまでいって、そのまま目と鼻の先にある3時間半2,500円のラブホテルに休憩するだけ。

泊まることもないし、ご飯だって食べることがない。メールも会う前より少なくなった。会える日に暇かどうか聞かれるだけ』(どこまで堕ちるか、女の人生!~絶望の先を見てみたくて~【第5話】より)

という記述を読んで判断したらしい。

 

この彼の私への態度から、「他に女がいることぐらい推測できますよね?」とのこと。

私は、最初こそ他に女がいてもおかしくないと思っていたけれど、でも、彼が「いない」と言うからいないと思っていたのです。

単純に、あまり恋愛に興味が無い人なのだと思っていた。

 

私がその方に答えたのは、「あんなにも平然と笑顔を浮かべて、人を傷つけるような人が世の中にいるなんて思わなかったんです」という言葉でした。

 

つい嘘をついてしまう、虚言癖のある人なら私の周りにも何人かいます。でも彼らには悪気はありません。

ちょっとだけ、本来の自分と違う自分を見せたいがために、嘘という名の仮面を被るだけ。

 

でも彼の嘘は、明らかに人を落としいれ、傷つける嘘でした。

自分が都合よく物事が進むためならば、自分に好意を寄せてくれる女性でさえも、騙すのです。

 

では、一体どうすればいいの!?>>

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ