ライフスタイル

2014.08.01 UP

「親友、友だちが少ない」というコンプレックスを解消させる方法


3b1bc2f9840e23eaaa08e9d4317733d4

新しい友だちがほしい……と思っているあなた。「いったいどこで? どうやって友だちをつくれっていうの?」と思いませんか?

ANGIE読者であるアラサー女史は、どのように新しい友だち付き合いをスタートさせればよいのか、さっそく見ていきましょう。

 

1:「親友なんてできるわけない」という思い込みを捨てましょう

既婚者でお子さんがいらっしゃる女性は、子どもを通じて知り合ったひとと友だちに……という方法もありますよね。でも、「どうせ子ども同士が疎遠になったら終わり」とは思いませんか?

日本人は、環境が変わっても連絡をとりあえる友人が少ない傾向にあります。ですが、「今さら信頼しあえる親友ができるわけない」と決めつけるのは、非常にもったいないです! 誰だって、いつでも親友ができる可能性はあります

 

97bac9aa5413ff0985e173280d08d9e2

まず、今日出会うひとにはすべて「親友に化けるかも」というスタンスで、人付き合いにのぞんでみましょう。

 

2:来るもの拒まずより、ピンとくる人をみずから探す

「来るもの拒まず、去るもの追わず」を信条としているひとは、少なくないのではないでしょうか? しかし、友だちをつくるためにはみずから友だちになりたいと思えるひとを探したほうがいいことの方が多いです。

なぜなら、「来るもの拒まず」だと、自分のキャパ以上の人間関係に翻弄され、無理をしてしまう場合があります。「このひととは合わない……」などと思いつつ、無理して友人関係を続けて、無用なストレスを抱える必要はありません。

 

f5d26809488c9a5e25fecfb60651f901

自分がピンとくるひとに、みずからアプローチするほうが結果的によい関係を生みだす可能性が高いと思いませんか?

 

3:最初から好意を伝える努力をしましょう

「あのひと、気が合いそう。声かけてみたい。でも迷惑かな……」

最初のアプローチは、中学生の片思いさながらに、妙にそわそわした気分になりますよね。

自分から話しかけるのって、ただでさえ勇気が入りますし、大人になると相手の心情を思いやるばかりに、自分の気持ちに素直になれないことがあります。

 

cd6d8ad2944385cb13c8fdd46e73f6f6

「あなたと友だちになりたいの」とストレートにいわれて悪い気はしないもの。ハードルが高ければ、会ったら必ずじぶんから声をかけるなど、ちょっとした好意でも伝えるように努力してみましょう。

 

4:依存はしない、しかし興味は持ちましょう

相手と良好な関係を築きはじめたら、注意したいのが「依存しすぎない」ことです。

相手のプライベートなことにまで突っ込みすぎない、スケジュールを把握しようとしない。そして、矛盾するようですが、相手を知ろうとする気持ちだけは失わないことです。

相手に無関心になってしまうと、自分にも関心をもってもらえなくなってしまいます。「このひとと会う意味あるかな?」という微妙な関係にならないようにしましょう。相手を知ろうとする気持ちはなくさないことです。

 

7cbecb5d2982be1506967e1d95a8a393

いかがでしたか? 人生80年あったら、家族以外の誰かと関係をもてるのは数年、長くて数十年のことです。

まだ見ぬ誰かと関係を築く、「友だちづくり」。いつでも始められますよ!

 

Photo by Pinterest

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ