ハピネス

2014.07.31 UP

「占い」の意外な一面と、女性人気の「フォーカシング」


9b99fd34eff2bef42dd32b5dcb152bf7

あなたは、自分の生活が忙しすぎる、窮屈すぎる、と感じたりしていませんか。物事を理屈で考えすぎたり、結論を早く、効率的に出そうとしがちになっていませんか。

 

そんなクセがついていると、自分の本当の気持ちや、日常生活で微かに感じる違和感を、見なかったことにしてしまうことがあります。

自分の感じていることをちゃんと理解しないまま、イライラしたり、努力が空回りしたり、自分の気持ちがよくわからなくなったり……。誰でも一度は経験があるはずです。

 

悩み

そんなモヤモヤ解消のお手伝いをしてくれるのは、「人に話すこと」という人も多いようです。でも、友達や親には話しずらい内容の時には、どうしますか……?

今回は、そんな自分的非常事態のときに誰かに話を聞いてもらうための方法をご紹介したいと思います。

 

1:いさぎよく占いへ行こう。

実は、よく当たると言われている占い師の多くは、カウンセリング力の質が良いのです。

占いへ行くにあたっての「動機」には、さまざまあります。未来のことを知りたいこともあれば、いま気がかりなことを解決してほしい、先へ進むために背中を押してほしい、など、相談者する側のニーズは多種多様です。

 

そんな相談者の要望を洗いざらい引き出すには、高いコミュニケーション能力、カウンセリング力が必要になります。平たく言えば、お話し上手ということです。

お話し上手の人は、会話をしながら相手の気持ちを整理してくれます。話すことで、改めて自分が何を考えていたのか、客観視することができるようになります。

 

357910b09507f5ddeb7df3ce00a2b18d

実際に、わたしもちょっと気分転換のつもりで行った占いで、お話をしているうちに気持ちがまとまって転職することを決めたことがあります。なかなか侮れません。

 

2:流行りのフォーカシング(Focusing) に頼ろう!

最近では、会社や学校等でもワークショップとして取り入れられている、フォーカシング。臨床心理学の研究の中から生まれた、自分の気持ちや感覚に穏やかに向き合うための技法です。

フォーカシングは、まだ言葉にならないような、身体で感じられる微妙な感覚に注意を向け、そこから言葉を出していく作業です。これを行うことで、自分自身の気持ちをよりよく理解できるようになったり、何か決断をしないといけないときに納得のいく決断が容易にできるようになります。

 

初めのレベル1のワークショップでも効果が出やすいことや、慣れてきたら自分ひとりでも行うことができるという点が、フォーカシングのよいところです。もちろん、誰かの助けが必要なうちは、プロにサポートしてもらうことも可能です。

心のモヤモヤが本格的になり始めたら、一度申し込んでみるのはいかがでしょうか。

 

ee742ea726afed2ebdf1236658cd7cef

 

以上の方法は、自分があるべき方向に進むための手助けになってくれます。ぜひ、試してみてくださいね!

 

Photo by Pinterest

SODA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ