ハピネス

2014.07.19 UP

電気代を節約するなら、エアコンは切るな!5つの省エネ術


7143fb62b570cef3fa50899fa14716df

いよいよ夏本番です。エアコンをガンガンつけたいけど、そんなときに気になるのが電気代……。

エアコンに関する電気代の節約方法はご存知でしょうか? もう知ってるよ~という方も、改めて今夏に向けての省エネに効果的なエアコンの使い方をおさらいしながら学びましょう!

1:設定温度は28℃がおトク

14148930297_ac5958983c_o

節電のためには、まずは冷やしすぎないこと。設定温度の理想は28℃です。28℃じゃがまんできないっというときには、希望の温度から1℃でもよいので設定温度を上げましょう。

冷房時に設定温度を1℃高くすると、約10%の節電効果があります。1シーズンで約700円の節約にもなりますよ。

 

2:運転モードは「弱」ではなく「自動」がおトク

cd17ef9ded66cba8ec0421e5c299e9f2

意外なことに、運転モードは「自動」にするのが一番おトクで、部屋の温度が設定温度になるまで冷やすために、エアコンが最も効率的な運転をするのです。

節電のためには「弱」や「微風」にしておく方が効果的……と思う人もいるかもしれませんが、弱い設定だと部屋を冷やすまでに時間がかかってしまい、かえって電力を消費してしまうのです。

 

3:スイッチは切らないのがおトク

4c5226c765552de3480d082ae01bfb69

エアコンのスイッチはあまりこまめにオン・オフしないほうが省エネです。

エアコンは、運転中よりも運転し始めるときに多くの電力を消費します。ですから、運転スイッチを入れたり切ったりを繰り返すと、多くの電気を消費してしまいます。

ただし、あまりに長時間つけっぱなしにすることは、もちろんNG。留守中や別の部屋にいるときは、スイッチを切りましょう。運転時間を1時間短くすると、1シーズンで約400円も節約できますよ。

 

4:風量は「強」がおトク

7601104494_f61b4ae6ff_o

同じ温度でも、風量を強くすると体感温度が下がって、より涼しく感じられます。風量を強くするのは、設定温度を下げるよりも消費電力が少なく、節電に効果的です。

 

5:風向きは水平がおトク

32e26ee1754f6fd295538cd05b94b099

風向きは水平にするのが効果的です。室内では冷たい空気が下の方にたまりやすいため、エアコンの風を上に流すようにすると、冷たい空気がうまく部屋全体に循環するからです。扇風機などで室内の空気をかき混ぜると、より効果的ですよ。

扇風機はエアコンに比べてずっと消費電力が小さいので、扇風機によって逆に電力を食っちゃう、という心配は不要です。

 

いかがでしょうか? 節電に良かれと思っていたことが、以外にも省エネじゃないこともあるのではないでしょうか。この夏は上手に省エネして、電気代もしっかり抑えましょう!

 

お金のお悩み、大募集!

皆さんのお金についての質問、お悩みを大募集中! 「お金ってどうやって貯めればいいの?」、「私のやりくりって、これでいいの?」など、お金にまつわるご相談はぜひぜひ、info_angie@estyle-inc.jpにお送りください。

ファイナンシャルプランナーである著者がご回答させていただきます!

 

※『ANGIE』への掲載をもってご回答とさせていただきます。個別にメールでご返信、ご回答をするサービスではありません。ご了承くださいませ。

※掲載にあたってはご質問者さまのお名前などは非公開とさせていただきます。

 

※参考 省エネルギーセンター

Photo by Pinterest & Sakura Ishihara

加藤 梨里

加藤 梨里

マネーステップオフィス代表(ファイナンシャルプランナー(CFP R))、慶應義塾大学SFC研究所上席所員

≫このライターの記事を読む

ファイナンシャルプランナー(CFP R)、慶應義塾大学SFC研究所上席所員


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ