ライフスタイル

2014.07.24 UP

生態系を壊す「マイクロビーズ」洗顔料やスクラブの怖い真実


915fc1932f6ad34defc5c94a4f060c0c

ボディや毛穴の黒ずみ対策に効果的な洗顔料やスクラブ。主に「マイクロビーズ」というプラスチックの微粒子が肌に触れて角質を取り除く仕組みなのですが、この成分がどうやらアメリカで問題視されているようなのです。

現にイリノイ州では、今年の6月にこの微粒子が入った洗顔料の販売が禁止になりました。

日本ではまだまだ多くの洗顔料にマイクロビーズが使われているようですが、じつは身体にも自然に対してもダメージを与える怖い物質なのだとか。

 

生態系を壊す、マイクロビーズとは?

マイクロビーズとは、プラスチックの微粒子です。何が問題なのかというと、粒子が小さすぎるためにうまく下水処理ができないこと。処理ができないということは、海に流れ出した粒子を海洋生物が誤って食べてしまう恐れがあります。

生物のDNA情報に影響があるほか、最悪の場合は死に至る場合も。国際連合環境計画の報告によれば、実に130億もの海洋生物が被害を受けているのだそう。

これは恐ろしいことだと思いませんか?

 

私たちも洗顔料やスクラブを食べている!?

私たち人間は魚介類や海藻を食べて生きているので、結果的に我々の体内にもマイクロビーズを取り込んでいるということになりかねません。

microbeads

 

マイクロビーズが体によくない理由

角質除去には効果的なのですが、激しくこすった場合は肌へのダメージも。

マイクロビーズの代わりにオーツ麦や砂糖などナチュラルな素材を使った洗顔料やスクラブを利用するのがよさそう。

イリノイ州での禁止を皮切りに、ニューヨーク州やカリフォルニア州など、ほかの地域でも禁止を望む声が高まっています。アメリカの美容業界もマイクロビーズに代わるものを提案するなどして対策を考えているそうです。

 

日本ではまだまだこういった動きは少ないので、知らないうちにマイクロビーズを食べちゃっているかも!?

次回は「角質除去に効果的な自宅で作れるナチュラルコスメ」をご紹介します。

 

※参考 Know What’s In Your Face Wash: Why Illinois Banned Microbeads

Image photo by Pinterest

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ