ライフスタイル

2014.07.09 UP

自分磨きをしない女子へ!ここ磨かないと「自分磨き」ではない!


7ac6b4d473d8896cd805adf2fa22d98dじぶん磨きをしないと女史ではないというくらい、じぶん磨きが定着していますが、漠然と磨いても意味がないことをご存知でしょうか?

今回はじぶん磨きのルーツともいえる茶道をもとに「磨くべきポイント」についてお話をしたいと思います。茶道を習っている著者が、お茶の先生にじぶん磨きについてお聞きしました。さっそくご紹介しましょう。

 

1:計算づくの心を美しく磨く

あなたはもう二度と会うことはないであろう相手にも、心から親切にできますか?

損得で人と付き合わない。見返りを求めない生き方をしましょう。

 

2:「今」しか見られない狭い心を磨く

疲れて電車で座っていてもご高齢の方に席を譲ることができますか?

人はみな歳を重ねます。ご高齢の方を敬い親切にできる人には、きっと自然と、自分が同じ状況になった時に返ってきますよ。

 

3:まあいいやという心を磨く

道端で落ちているゴミを拾って捨てることができますか?

誰が見ていなくても自然とできる人は、乱れている椅子を直すなど、あらゆるシーンで自然と他の人が気持ちよく過ごせる行動ができているはずです。ちょっとしたことで自分もみんなもハッピーになるサイクルが、日々動き出します。

 

いかがでしたか? 茶道の先生いわく「茶道はお点前のお勉強だけではなく、心のお勉強です。キレイな心には、必ずキレイな心が返ってきます」とのこと。

じぶん磨きとは、むやみに頑張ることではなく、人のこころと向き合って生きることがじたいが「磨く」ということなのかもしれません。

 

Photo by Pinterest

青山 愛里

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ