ハピネス

2014.08.18 UP

勝ち組女子にみる「女性のうまいチャンスのつかみ方」


bff478ea9b5d45af3db24d1080e3753c

一般的にいわれる「成功者」たちは、チャンスのつかみ方がうまいのが特徴だそうです。

彼らをみて、「あぁ、なんてラッキーなんでしょう」と愚痴をこぼしたくなる人も多いのではないでしょうか。しかし、本当に彼らはただラッキーだから、成功者になったのでしょうか?

 

もちろん生まれ持ったものもあるでしょう。しかし、どんな原石であっても、磨こうとしなければ、そこら辺に落ちている石ころと同じです

同じ石をひたすら磨き続けることは、やさしいことではありません。

 

チャンスのつかみ方はサーフィンから学べ!?

40d2659b6b576a96792f530f90abf89a

チャンスのつかみ方は、サーフィンに似ています。波が来たら、ポンと乗る。そしたら行きたいところまで、チャンス(波)が連れて行ってくれます。

 

しかし、サーフィンをやったことがある人ならお分かりかもしれませんが、波に乗るのは並大抵のことではありません。大きな波となれば、なおさらです。

何度も失敗するでしょうし、波がほとんどない日だってあるでしょう。ほかの人にとられてしまう波もあるかもしれません。

 

ed4e2559bc5f995305115ca456a79c52

すると、「今日は波がよくないからもうやめよう」、「自分はサーフィンに向いてないからやめよう」という考えが頭に浮かぶものです。沖に上がれば、ビーチでのんびりできるし、おいしい焼きそばも食べられる。そういう誘惑にかられて、海を上がってしまう人が100人中、80人です。

 

421f3508a89f4360b1d8d19e4c5a74cc

でも、「波に乗りたい!」と思う人は違います。ただひたすら、次の波がやってくるのを待っています。それから何度か波乗りに失敗して、ここで「やっぱりダメか」と諦めてしまう人が20人中、16人です。

 

最後の4人に訪れる結末とは

最初にいた100人が4人まで減ったとき、変化が起こります。

 

09705199672635032919867187f60707

まず、この4人はずっと海の中にいたので、波乗りがうまくなっているということです。そして、波が来るのを待ち続けた結果、それぞれの波を見つけられます。気持ちよくサーフィンをすることができるのです。

それを沖から見ていた、96人の人たちはその4人を見てこういいます。「なんてラッキーなんだ! 波に乗っているじゃないか!」

 

彼らは、ラッキーなんじゃありません。

誰よりもチャンス(波)が来るのを信じて、待ち続けたのです。大きな波に乗れるように、あなたが海辺で寝っ転がっていたときも、彼らはずっと海の中で練習していました。

9435b8d69418adc59bdef9dfa8370ddf

 

とある成功者が私にこう教えてくれました。「チャンスはいつやってくるかわからない。そのいつかのチャンスを逃さないために、万全の準備をしておくことが大切である」と。

 

チャンスは必ずあなたの前にも現れるでしょう。そのチャンスをつかむために、あなたはいま、何をしますか?

 

607bab784f0ad82c7a306128d556a8a5

Photo by Pinterest

Airi

Airi

(海外在住ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ