ハピネス

2014.06.30 UP

「妊婦_カボチャ」とググる・「妊娠幸せ教団」の怪しい信者に?


184a120f2aada05cbd4aa7f0cd9c692d

妊婦生活も後半戦に突入し、冷静に自分を見つめ直す時間が増えてきたところで「あれ? 妊娠前とは明らかに違う自分がいる!」と、はっと気づかされました。

その一つひとつを分析すると、どれも滑稽な事ばかりですが、妊婦仲間には「わかる!」と共感してもらえるほど、どれも「妊婦あるある」のようです。

 

検索ワードトップ2

とくに初めての妊娠を経験される方に共通することが、「情報が溢れ過ぎていてどれが正しいのかわからない!」という悲鳴です。義母から、母から、友達からいろんなことを吹き込まれます

「子供がアレルギーになるから妊娠中は牛乳飲んだら駄目よ」、「飼い猫は妊婦に危険よ」、「カフェインは摂っちゃ駄目よ」などなど毎日のように妊婦にとって有害とされる物が次々と出てきます

そんな不安材料は自分でネットで調べるしかなく、言われては調べ、言われては調べの繰り返し。

 

しまいには、口に入れるもの全て「どんな利害があるのか」をいちいち調べる癖が付いてしまいました。その日の献立がカボチャのスープなら「妊婦 カボチャ」と検索し、妊娠中に摂取して良い物かどうか、どんな栄養があるのかを調べるのが日課に!

その結果、スマホの検索ワードには「妊婦」「妊娠」がトップ2を独占し、情報に翻弄される日々を送る羽目になります。

 

しかし最終的には、「気にし過ぎが一番良くない! 適量摂取なら全て大丈夫!」と開き直り、誰に何を言われようと気にせずに妊娠前と変わらない生活に戻りました。

 

幸せホルモンの大量放出!

妊娠してから、お風呂場で髪の毛を洗っていても、旦那の食べている姿を見ても、飼い猫の寝ている姿を見ても、顔がニヤけてしまったり、感動して涙が出てくることまであります。

新興宗教にハマってしまい、マインドコントロールされた訳ではございません! 何をしていても幸福感に満たされ、心が緩んでしまうのです。

もちろん以前の私はまったくそんな人間ではなく、旦那を罵倒することも多々、歩いているだけで「威圧感あるね」と言われることも多々。イライラして感情のコントロールが効かないことが多かったのです。

 

それが180度変わり、「妊娠幸せ教団」の怪しい信者に仲間入り。妊婦さんで「綺麗になった」とか「優しいお母さんの表情になってきたね」と言われる人はこの宗派に属しているに間違いありません。

逆に、「妊娠イライラ教団」の信者さんにもたまに会います。どちらもホルモンバランスによるものだと言われていますが、約10ヶ月弱、周りにいる友人や旦那さんは怪しい目を向けずに理解してあげてくださいね。

 

まだまだ細かいことを挙げれば、「閉切間近」が「帝王切開」に見えるなど「妊婦あるある」がたくさん。

10ヶ月って長い様で本当にあっと言う間に過ぎてしまいます。妊婦になってからこんなに変わった! という滑稽な点を楽しみながら過ごすのも、マタニティーライフの有意義な過ごし方かもしれませんね。

 

Photo by Pinterest

園田 淳子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ