ハピネス

2014.06.10 UP

電源もWifiも使えるおしゃれカフェ 私を幸せにするアイテム


ginger&star-cafe

気づけばもう6月……。

ついこの間「Happy New Year!  今年もよろしく!」なんて言いながら今年こそは……と、叶えたい目標などを神様に誓ったりしたばかりなのに、2014年も半分近くが過ぎ去っていった。

4月に入社された新入社員の方々は、会社にも慣れてきた頃だろうか。

私は、いったいいつから自分が社会人何年目なのかわからなくなったのだったっけ……。

 

「後輩は奢られるものだ。こうして奢ってもらったことを良く覚えておいて、お前が先輩になったときに、後輩に奢ってやれ」

かつて、新入社員だったわたしは、こんなことを先輩に言われて当時入社3~4年目だった先輩によく奢ってもらっていた。

当時からすれば、入社3~4年目の先輩というのはとっても大人な気がして、どんな問題の対処のしかたも知っているように見えてほんとうに頼もしい存在だった。

 

当時の先輩の年齢や社会人歴も、とうに超えてしまった今の私だが、後輩になにをしてやった記憶もない……。

そんな頼もしい先輩方のなかのひとりで、私がかつて新入社員だった頃、企画のつくりかたとか、メールマガジンの書き方のいろはとか、数えきれないほどの色々を教えてもらった先輩が夢を叶えて、すてきなカフェをオープンしている。

写真 2014-05-31 3 48 53

木目の白を基調とした落ち着いた落ち着いた空間。

居心地の良い音楽。

美味しいカレーにジンジャーエール。

おしゃれな調味料。

フリーWifiと電源が使える、行き届いたネット環境。

つかず離れずの絶妙な距離感を保つ、心地よい接客。

 

「お店をやっていると、ひょんなことからの人との出会いが面白すぎて、全然飽きない」

そう言って、このカフェをはじめてもう3年経ったことを笑顔で語る先輩は、ほんとうに仕事を、そして生きることを、心から楽しんでいるようで、人間ってこうじゃないといけないなぁ、なんて、改めて思った。

お手洗いにある、出窓ふうの鏡なんて、可愛すぎてほんとうにため息。

レジの並びには、かわいい手作りの焼き菓子がズラリ。

 

私は「世界一辛いジンジャーエール」を注文して、自分らしく生きるとは何か、とか人生におけるまわり道について、とか、とりとめのないことを堂々巡りさせながら渡しそびれたラブレターをある日突然見つけたような気持ちになりながら、久しぶりに「もの思い」というものに耽った。

カレードリアを食べ終わる頃には、スマホの充電も100%になっていた。

ゆるりとした時間に、いつまでも身を任せていたくなるけれど、近くで打合せがあったついでに、ちょっと顔を出しただけだったことを思い出し、我に返った。

少し長めのランチタイムが取れそうな日に、思い切って心のショートトリップをしてみたり土曜日の昼下がりに、ゆっくり流れる時間をひとりで愉しむのに、ここはうってつけの場所かもしれない。

 

ジンジャー&スターカフェ
その名の通り、ジンジャーエールの種類だけでも15種類!
〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモ東池袋103
050-1419-3974 ※日曜・祝日定休  http://gingerandstar.info

郷田 絵梨

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ