ハピネス

2014.06.18 UP

みんなでもっと自信を持とうよ!どんな女性でも「知っていると」胸を張れるもの【国際交流基金・藤居真美さんインタビュー・最終回】


4e0c62f75087049393e2159279bc9881

いろいろな国の人の、心と心をつなぐ仕事をされている「国際交流基金」の文化事業部の藤居真美さんに、お話をお聞きしています。

仕事を通じて感じることから、具体的にわたしたちの役に立つ、海外旅行や日本文化の情報まで、役立つことがいっぱいのこの連載も、今回で最終回です。

前回は、「日本で外国人の友達をカンタンに作る方法」について、お届けしました。

今回は、国際交流の仕事をされている、藤居さんだから言える「日本人なら、知らないと恥をかくかもしれないこと」について、お届けします。

 

聞き手(いわた以下I):藤居さんは、現在、日本のテレビ番組や映画を外国(自分の国でお金を出して買えない国)に無償で放送してもらう事業に関わっていらっしゃるとのことですが、ANGIE読者の方に、ぜひ知っておいてほしい日本文化や芸術について教えてください。

 

古典って、実はとても面白くて、世界が広がるもの

藤居さん(以下F):私が、こんなに良かったんだと驚いたのは、古典です。

伝統文化って、「歳をとらないと良さが分かんないものかなぁ」と思ってたんですけど、それに海外で触れる機会が多かったんです。

すると、なんかこれって、昔の私たちくらいの世代の人たちが楽しんでいたようなものだから、意外とすごく面白いんですよね。

 

たとえば、歌舞伎とかも、実はとても面白かったですし、あと、映画も。

特に昔の映画って、本当に素晴らしいんですよ。

白黒の映画で、それこそ増村保造監督の作品とか。出てくる若尾文子さんのファンに、わたしもなっちゃったんですけど、昔の俳優さんって、とにかく、迫力があるし、表情も演技も魅力的なんです。

今の映画がつまらなく思えてしまうほど、ストーリー展開も面白く、深みもあって、カットなども、とても印象的なんですよね。

あれはね、ぜひ、みなさんに見ていただきたいです。古典の、昔の白黒映画なんて、あまり見ないじゃないですか?

 

I:すごい興味がある人じゃないと、なかなか……。

 

F:そうですよね。「幕末太陽伝」や「華岡青洲の妻」とかの○○の妻シリーズは、国際交流基金がフィルムを貸し出して、協力したので、たくさん見たんですけど、ほんとにねぇ、すごいんです。

だから、ぜひ見てみたら、日本に対する誇りとか、こんなにすごいもの作ってたんだとか、世界が広がると思いますね。

5f79b6ece5f3997921b6caf4722a5f06

 

基本として抑えておきたいのは、小津安二郎や黒澤明映画

I:そういう昔の映画などを海外に紹介すると、海外の方の反応は、どうですか?

 

F:海外の人の方が、本当に日本の映画について知っていて、小津安二郎や黒澤明は、素晴らしいとか、逆に私が教えてもらうことの方が多いくらいです。あの良さは、国に関係なく伝わりますね。

今、有名な海外の映画監督が尊敬し、影響を受けたのは、昔の日本の監督だって、よく聞きますしね。

海外に行きたい人は、特に、小津安二郎黒澤明映画を見ずに行くと、ちょっと恥ずかしいことになります。

みんな、結構、見ているんですよ。そこは基本として、抑えています。

 

I:日本のアニメも海外では、人気だとよく聞きますが?

 

F:それは、高校生とか大学生とか、もうちょっと年齢層は低くなりますけどね。

あと、最近アジアでは、小さい子に見せるアニメとして、日本のアニメが普及しています。たとえば、「忍者ハットリくん」は、インドで全部放映されましたしね。

そして、そこから日本語を勉強する人が増えたりしているので、うれしいですね。

 

いかがでしたか?

ANGIEでも、「古典」に注目した記事がいくつか掲載されていましたが、時代を超えて、国を超えて、良いものは生き続けたり、何度もリメイクされて、新しい命を吹き込まれたりしています

わたしも同じ日本人として、誇らしいと同時に、もっと知らないともったいないなと思いました。

 

世の中には、自分の知らないことだらけです。他の文化や、自分たちの文化を知ること。他の人や、自分自身を知ること。

まずは、知ろうとすることから、何かが始まったり、自分にも、人にも優しくなれるような気がします。

あなたも一緒に、まずは、知ることから始めてみませんか?

 

※取材協力

藤居真美(ふじい・まみ)さん

「国際交流基金」の文化事業部所属

IMG_3585a

大学を卒業して2年後、国際交流基金の職員になり、日本やカナダで、国際交流に関するいろいろな業務を経験する。現在は、日本のテレビ番組や映画を外国(自分の国でお金を出して買えない国)に無償で放送してもらう事業に関わっている。(たとえば、NHKの朝ドラ「カーネーション」をミャンマー、トルクメニスタン、カンボジアなどに提供するなど)

 

「国際交流基金」とは?

独立行政法人で、21カ国に拠点があり、世界の日本大使館や総領事館と協力しながら、日本のことを世界の人に紹介する活動をしている。総合的に国際文化交流を実施する、日本で唯一の専門機関。主に、日本の芸術や生活文化を世界に紹介する文化芸術交流、海外で日本語を教える活動、海外での日本研究を支援する活動がある。

国際交流基金WEBサイト

image photo by Pinterest

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ