ライフスタイル

2014.06.09 UP

超おいしい求人かも!資格なし・お金なしで海外で暮らせる方法【国際交流基金・藤居真美さんインタビュー・第1回】


30627355cb1d2b79a2613cd640646677

いろいろな国の人の心と心をつなぐ仕事をされている「国際交流基金」の文化事業部の藤居真美さんに、お話をお聞きしています。

仕事を通じて感じることから、具体的にわたしたちの役に立つ、海外旅行や日本文化の情報まで、全10話の連載でお届けします。

いつか海外で働いてみたい! 暮らしてみたい!」と思っている方、実は多いのではないでしょうか?

でも、言葉の壁や、なんのコネもない見知らぬ土地にひとりで行って、すぐに働くことは、かなり高いハードルがあります。

そんな、気持ちだけはあるけど、なかなか現実は厳しいと思っている方に朗報です!

ぜひ、今回のインタビューを読んでみてください。

 

海外で日本文化を伝える「日本語パートナーズ」

聞き手(いわた以下I):海外や国際交流に興味のある読者が、実際に参加できる活動はありますか?

 

藤居さん(以下F):2020年の東京オリンピックに向けて、特に、アジアとの交流を活発化してこうということで、実はアジアセンターというものが、最近(4月に)できました。

ここが、双方向の交流というのをすごく重視していて、これからいろんな、参加型の企画をやっていく予定です。

 

今は、ちょうど、「日本語パートーナーズ」といったプロジェクトをやっています。

一般の方にアジアの国に行っていただいて、日本語を学んでいる人たちの先生のアシスタントのような形で、日本文化についても教えてもらうという内容です。

そして、ただ日本のことを教えるだけではなくて、あちらの文化も吸収して帰ってきてもらうことが目的のひとつなので、現地の人とたくさん交流する機会があると思います。

 

資格もお金もなくても大丈夫!

I:どのくらいの期間、行けるのですか?

 

F:半年から1年間くらいです。7年間で3,000人を送るという事業なので、チャンスがたくさんありますよね。

 

I:参加するには、資格などは必要ですか?

 

F:ないです! 日本国籍を持っていて、日常英会話くらいはできてほしいのですが、事前研修に参加できて、心身ともに健康な人、日本語を教えた経験がなくてもいいし、アジア交流に関心がある方であれば、ぜひ、みなさんに応募していただきたいですね(注:選考はあります)。

 

I:じゃあ、ちょっと海外で生活してみたいと思っている方にしてみれば、すごくいい機会ですね! 費用は必要ですか?

 

F:基本的に、渡航費用や住まいなど、最低限の費用は国際交流基金が出しますので、必要ありません。ただ、豪華なホテルとかっていうのは絶対にないので、本当に地域に溶け込み、あちらの生活をしてくださる方というのが、基本にはなりますが。

資格も必要なく、この規模での募集は、今までにない取り組みなんです。ANGIE読者の方のような30代くらいで、いろいろな社会経験を積んだ女性でしたら、ぜひ応募していただきたいです。

 

いかがでしたか?

「海外に興味がある! 暮らしてみたい!」と思っている人にとっては、絶好のチャンスですよね!

もっと詳しく知りたい方は、国際交流基金アジアセンターのHPをご覧ください。7年間に渡ってのプロジェクトなので、募集情報は、随時更新されるそうです。

 

次回のインタビューは、「海外旅行をもっと楽しくする方法」をお聞きしました。ご期待ください。

 

※取材協力

藤居真美(ふじい・まみ)さん

「国際交流基金」の文化事業部所属

大学を卒業して2年後、国際交流基金の職員になり、日本やカナダで、国際交流に関するいろいろな業務を経験する。現在は、日本のテレビ番組や映画を外国(自分の国でお金を出して買えない国)に無償で放送してもらう事業に関わっている。(たとえば、NHKの朝ドラ「カーネーション」をミャンマー、トルクメニスタン、カンボジアなどに提供するなど)

IMG_3585a

「国際交流基金」とは?

独立行政法人で、21カ国に拠点があり、世界の日本大使館や総領事館と協力しながら、日本のことを世界の人に紹介する活動をしている。総合的に国際文化交流を実施する、日本で唯一の専門機関。主に、日本の芸術や生活文化を世界に紹介する文化芸術交流、海外で日本語を教える活動、海外での日本研究を支援する活動がある。

国際交流基金WEBサイト

image photo by Pinterest

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ