ライフスタイル

2017.11.29 UP

食い倒れの街でパワーチャージ!この冬行きたい大阪・住之江観光スポット5選


「年末まで、体力がもたないかも……」。そんな人は、思いっきり食べて、遊んで、エネルギーチャージを!

少し遠出をして、1泊2日の週末旅行に出かけてみませんか? 今回ピックアップするのは、大阪のベイエリアに位置する住之江区。大阪を代表する観光スポットへのアクセスもよく、新大阪までは都内から新幹線で約2時間半という距離感。

ほな、住之江区の観光スポットやご当地グルメを紹介するで!

 

新世界/コテコテの大阪下町を町歩き

中心にそびえる通天閣や大きなフグ提灯、そして幸運の神様「ビリケンさん」が目印の「新世界」

大阪のパワー溢れる繁華街で、2007年には国の登録有形文化財に登録されている、大阪を代表する観光名所です。

南北130メートルの間に大阪名物の串カツ屋、どて焼き屋など約50のお店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」は圧巻! 通天閣がライトアップされる、夜の時間帯もおすすめ。

 

粉浜商店街/食べ歩き&ショッピング

約1,800年もの歴史をもつ、広大な「住吉大社」。地元では「すみよっさん」の愛称で親しまれている住吉神社の総本社で、お祓い・航海安全・和歌の道・産業育成・商売繁盛などにご利益があります。

南海本線粉浜駅から、住吉大社へ向かうひと駅の間にさまざまなお店が並ぶ「粉浜商店街」。この商店街で食べ歩きやお買い物を楽しみつつ、参拝に出かけましょう。

 

アツアツのお好み焼き/ランチは地元で評判のお店へ!

ランチは路面電車が行き交う大阪の下町「住吉区」にある、地元で有名なお好み焼き店「白樺」へ。カウンターの鉄板でアツアツのお好み焼きが楽しめます。

厚みのある大ぶりの豚ロースが乗った「豚玉」はもちろん、新鮮なプリプリのカキがたっぷり入った季節限定の「カキ玉」は必食!

ソースにはケチャップとマヨネーズ、カラシを添えて食べるところがユニーク。太めの麺がおいしい「焼きそば」や「そばめし」なども、ぜひ味わって。

 

大阪城公園/歴史散策を楽しもう

大阪城はもちろん、四季折々の美しい花々も見どころの「大阪城公園」。西の丸庭園や大阪城ホールなどを有する総面積105.6ヘクタール(東京ドーム約22.5コ分)を誇ります。

大阪城天守閣では、大阪城を築き天下統一を図った豊臣秀吉にまつわる資料を展示している「常設展」と、期間ごとに展示内容が変更になる「特別展」を開催。天気のいい日には、最上階にある地上50メートルの展望台から大阪市内が一望できます。

緑豊かな大阪城公園は、足を運ぶとホッとする、個人的にはとても好きな場所です。

 

ボートレース住之江/「あたりもち」でレースを当てる!

コテコテの大阪旅行を締めくくるのは、スタンドから水面までの距離がとても近く、迫力満点の「ボートレース住之江」

駅から徒歩2分程度という距離感です。売店のやきもち(焼きたてのお餅に醤油を塗ったもの)を食べてレースを当てた人が続出したことから名づけられた「あたりもち」を片手に、ナイター鑑賞で盛り上がりましょう!年末にはグランプリが開催されますので、ビッグレースに合わせて足を運ぶのもいいですね。

リラックスできる温泉旅行もいいけれど、このようにエネルギッシュな旅も楽しいですよ。大阪はほんま、ええとこやで!

 

取材協力:BOAT RACE振興会「BOAT RACE LOUNGE」

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ