ハピネス

2014.05.15 UP

外側は中からつくられる~30代の生き方が40代のかたちとして残る~【笛木紀子さんインタビュー・第6回】


_MG_6561

2013年12月、ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会で「感動大賞」を受賞し、受賞後、各方面からの講演依頼も多く、またアトピーの世界では難しいとされてきた医療との提携の話もあり多忙な日々を送っていらっしゃる笛木紀子さんにお話をお聞きしています。

 

最終回である今回は、なにがそのひとをつくっているのか? についてお話をお聞きします。

綺麗でいたかったらどうするべきか? かっこいい40代を迎えようと思えばどうするべきか? 笛木さんのお考えをご紹介したいと思います。

さっそく見ていきましょう。

 

30代の生き方が40代のかたちとして残る

ASAMI:笛木さんは食養家でもいらっしゃいます。若い女性の食の取り方についてもお話いただければと思います。

 

笛 木:アトピーの改善のために、食べ物からの体質改善を唱えてますが、アトピーを治すために食べるものを変えるのではなくて、もともと食べるものが間違っているですよ。

 

ASAMI:現代のような食生活を続けていると、今後、出産した時に、アトピーの子供が生まれる確率が高くなりますよね?

 

笛 木:アトピーで済めば良いですよ。ダウン症や、奇形児になる可能性もあります。そういうものをみんな食べてますよ。

 

ASAMI:もう耳が痛いです(苦笑)。

 

笛 木:今は本当に自分の好きなことをやりたい放題やれる世の中じゃないですか。コンビニは24時間、開いているし、いつでも食べられるし、レンジはあるし。

でもそれは自分の体に対して失礼なことをやり続けているってことですよ。

なのに、元気でいようと思ってはいけません!

 

ASAMI:若い女の子が言っていたんですが、「分かっていても目の前にカップラーメンがあるから食べちゃう」って。

 

笛 木:つまりその人の体はカップラーメンで出来てるってことよ! 人の身体は、食べたもので作られているのです。

ニキビやしみやしわができたら、それは化粧品の問題ではなく、「どこの内臓が傷んでるの?」と考えてくれればいいのです。

 

綺麗でいたかったら中から

ASAMI:外ではなく中の問題ですね。

 

笛 木:強く言いたいのは、紫外線防止クリームも良いけど、1週間に2回以上30分くらい日に焼けないと骨がしっかりしません。骨は身体の土台ですよ。

無理なら、手のひらだけでも焼いて欲しい。手のひらは焼けないけど、紫外線を吸収します。日に焼けないとビタミンDができません。

 

アトピーさんが日に焼けると、バーと出ちゃって、「日光アレルギー」と言われる名前をもらいます。海に入って最初かぶれたような時に医者に行くと、潮アレルギーと言われるだけ。

それは、アレルギーではなく、免疫力が弱いのです。だから、免疫力のある身体を作りましょうね。

 

それには玄米です。

ASAMI:笛木さんは玄米菜食主義でもいらっしゃいますね。

 

笛 木:もうひとつ加えて言っておくと、人の皮膚は毎日3-5%強離脱しています。

それは普通見えない剥離です。アトピーさんはもっと剥離してる状態です。皮脂も汗も出なくて接着材がないからぽろぽろ落ちるのです。

 

でもそういう状況に皮膚がなるのは、身体の中味がさびているってこと。

身体の酸化が原因です。だから、酸化した食べ物を食べてはいけないのです。

ASAMIさんの疲れやすいって言うのは、体が酸化しているのよ。

 

ASAMI:はい、重々分かっております(汗)。

 

いかがでしたか?

2年近く、笛木さんとともに学ばせていただき、間近で夢を叶えて変わっていく彼女をみてきました。その生き方や考え方を私は心から尊敬しています。これからも一生ついていこうと思っています。

笛木さん貴重なお話をありがとうございました。

 

※取材協力

笛木紀子(ふえきのりこ)株式会社レノアコーポレーション 代表取締役

 

東京都町田市にて、「皮膚トラブル専門店」を構える。

エステシャン時代に重度のアトピーさんに出会い、アトピー改善への情熱が膨らむ。自身や長男のアトピーも体験し、皮膚のトラブルは食生活に深く関係すると確信をもち、「体質改善」の大切さを痛感。食に関する研究も重ね、食養家としての顔も持つ。

 

27年間で1万人以上のアトピーさんの相談にのり、独自のメソッド「れのあ式」を確立し、医療では改善が見られなかった重度のアトピーの方の手当てをしている。

2013年12月、ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会で「感動大賞」を受賞。受賞以降、各方面からの講演依頼も多く、また難しいとされてきた医療との提携の話もあり多忙な日々。

今一番力を入れているのは、アトピーさん向けスイーツの制作で、生産に向け各方面に提案中。クラウドファンディングサービス「READYFOR」にてアトピーさんに笑顔を届けるプロジェクトを展開中。

 

Photo by れのあ

ASAMI

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ