ライフスタイル

2014.05.11 UP

「自分らしく生きる」は「具体的に生きる」こと【第2回笛木紀子さん聞く】


IMG_4244

前回に引き続き、食養家にして各研究機関と連携しつつアトピー患者さんのサポートを行っている笛木紀子(ふえきのりこ)さんにお話をお聞きします。

第2回の今回は、27年間で1万人以上のアトピーさんの相談にのり、独自のメソッド「れのあ式」を確立し、医療では改善が見られなかった重度のアトピーの方のケアをしている笛木さんならではの、「じぶんらしく生きること」についてお話をお聞きしました。

さっそく見ていきましょう。

その人らしく生きて欲しい

ASAMI:ANGIEの読者は30代女性が多く、肌のトラブルはもちろん、徐々に体にも変化が表れ、あれこれ悩む方も多いと思います。笛木さんが特にアトピーさんを応援する理由として、前回お聞きしたことのほかに何かありますか?

 

笛 木:アトピーさんを応援するのは、アトピーが一番、心にダメージを受けやすいと思うからです。

例えば、癌だったら表面上、隠せます。糖尿などでも隠せます。でも、アトピーは自分の意志と関係なく顔にでてきてしまう

明日大好きな人とデートの約束をしていても、バーと顔にでてしまう。そうすると約束はキャンセルするしかなくなりますね。

 

ASAMI:アトピーの症状がある方は女性だけに限ったことではないですが、特に女性は顔や肌の状態は、気持ちに直結しますよね。

病気だとわかっていても、自分を責めてしまったりしますね。

 

笛 木:私は、アトピーは「その人達がじぶんらしく生きられない病気だ」と思っています。でもそのぶん結果が分かりやすい。

 

ASAMI:いまアトピーさん用のスイーツ作りに力を入れられているようですが?

 

笛 木:アトピーの改善には食生活の見直しが大切になります。

でも、いま述べたように、アトピーの症状は、自分の意志とは関係ないところで外部から判断され、大変なストレスを感じてしまいます。

普通の人もストレス解消に甘いものは欠かせないと思いますが、アトピーさんだって同じ。ストレスの反動からいけないと思っていても、生クリームいっぱいのケーキを食べてしまうんです。

そして、後悔して、それがまたストレスになる。

 

ASAMI:普通のひと以上に、アトピーさんにとって白砂糖、卵、乳製品は大敵なんですよね。

 

笛 木:そうです。だから、アトピーさんの心の支えとなり、安心して食べることができる「砂糖、卵、乳製品不使用の、体に優しいスイーツ」を作りたいと思ったんです。

 

ASAMI:お菓子作りなどしたことない私でも、砂糖・卵・乳製品を使わないスイーツって作るのが難しいと思うのですか。

 

笛 木:ものすごく難しいです。

今、弊社では職人が一つひとつ手作りしています。けれど、多くの人に笑顔になってもらいたいと思い、今、職人さんが作ったスイーツを持って、協力していただけそうなところを訪問しています。

 

ASAMI:いま「アトピーの方が安心して食べられるスイーツを作って笑顔を届ける」として、クラウドファンディングサービスのREADYFORのプロジェクトを立ち上げられましたね。(編集部注:5月19日までとなっております。ご興味がある方はぜひサイトをのぞいてみてください)。

ANGIEの読者の方にもぜひ、アトピーさんに笑顔を届けるお手伝いをお願いしたいです。

 

いかがでしたか?

「じぶんらしく生きる」と聞けば、すぐに「精神的なこと」に考えがいきがちですが、アトピーの患者さんは、「具体的に食べるものを選択する」ことが求められます。

アトピーではないひともおなじで、じぶんらしく生きるために、「具体的な選択」をすることがとても重要ではないかと思います。

 

次回は「社会的に見ていいこと」を仕事とすることと、経済的なことの両立は可能なのか? についてお話をお聞きします。

ご期待ください。

 

※取材協力

笛木紀子(ふえきのりこ)株式会社レノアコーポレーション 代表取締役

 

東京都町田市にて、「皮膚トラブル専門店」を構える。

エステシャン時代に重度のアトピーさんに出会い、アトピー改善への情熱が膨らむ。自身や長男のアトピーも体験し、皮膚のトラブルは食生活に深く関係すると確信をもち、「体質改善」の大切さを痛感。食に関する研究も重ね、食養家としての顔も持つ。

 

27年間で1万人以上のアトピーさんの相談にのり、独自のメソッド「れのあ式」を確立し、医療では改善が見られなかった重度のアトピーの方の手当てをしている。

2013年12月、ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会で「感動大賞」を受賞。受賞以降、各方面からの講演依頼も多く、また難しいとされてきた医療との提携の話もあり多忙な日々。

今一番力を入れているのは、アトピーさん向けスイーツの制作で、生産に向け各方面に提案中。クラウドファンディングサービス「READYFOR」にてアトピーさんに笑顔を届けるプロジェクトを展開中。

 

Photo by れのあ

ASAMI

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ