ライフスタイル

2014.04.14 UP

年上女性からの印象がよくない!相手を不快にさせる口癖は


af3e55791bec051d2f72c56a1d2e256d

「えっと」「てゆーか」「まじで」「うける」「たしかに」……。

みんな、何かしら口癖ってありますよね。新年度ですので、ちょうど研修中という方も多いと思うのですが、その時ついついやってしまう相槌をうつ時の口癖

意外とこれが、相手を不快にさせていることがあるのです。はじめが肝心なのに、これでは先が思いやられてしまいますが、すでに仕事に行き詰ってる! と感じている方もじつは多いのでは?

そこで、これを「あのひとこと」に変えるだけで、仕事だけでなく人間関係もスムーズになる秘密の言葉をご紹介いたしましょう。

タイプ別に解決!自分の癖を知って、「○○」と答えよう!

まず、ひとつ目のパターンは、「理解が早い人」にありがちな相槌。

頭の回転がはやく、先読みをする力のある人に多い口癖は、「うんうんうんうん」(もしくは、「ふんふんふんふん」)です。

何度も頷いてしまうと嫌でも耳についてしまい、教えていただいている方の気分害してしまいがちです。「うん」のひと言でさえ、友達じゃないんだから……と思われてしまいますしね。

 

特に、年上男性からの印象が良くないようなので、嫌われたくない上司の前では気を付けてみてください。

この癖の直し方のポイントは、目を見て、頷くこと。説明をうけている間は、資料やデータなどを見ながら話すことが多いので、情報を追いながら「うんうん……」と言葉だけで伝えてしまいがち。

ですが、ここはひとつ口ではなく目で「うんうん…」と伝えてみてください。そして、キリのよいタイミングで「はい」と返事をすればOKです!

 

「理解のおそい人」にありがちな口癖とは?

では次に、「理解のおそい人」にありがちな口癖は、「なるほど」です。

私のまわりでも、部下が「なるほど」と答えていたので、任せておいたら何も分かっていなくて結局イチからやり直し! という悲鳴をよく聞きます。

実は、この「なるほど」という言葉は一見、間違ってないように聞こえるのですが、本来は「なるほど、そうですね」が正しい言葉なので、目上の人に対して使う言葉ではないのです。

 

つまり、説明を聞きながら「なるほど」ということ自体が間違っているんですね。ちなみにこちらは特に、年上女性からの印象がよくない場合が多いようなので要注意!

 

それでは、この場合の癖を直すにはどうすればよいかというと……実は、ここでも同じように「はい」ということなんです。

「私、理解してますよ」というアピールをするのではなく、まず「はい」と答えましょう。つまり、返事をします。

そして、キリのよいタイミングで「承知いたしました」と答えれば完璧!

 

いかがでしたか。タイプ別は違えど、使う言葉は同じ「はい」のひとことでいいのです。

 

知らぬうちに相手に与えてしまっている不快感を取り除くことで、まず人間関係が変わるでしょう。

すると、間違いなく今までより仕事がうまくいくようになります!

いま、すでに職場でうまくいっていないような気がする人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

Photo by Pinterest

SODA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ