ライフスタイル

2014.04.06 UP

幸せの近道 ~燃えている完璧主義者って迷惑かも!?~


花

私は“がんばる”とか“努力する”など、いわゆるハードワーク的な言葉や行動が嫌い。

自力よりも他力本願だったり、自分がもつセレンディピティのようなカオスな効果を重視したり、みずからを進んで向上させようとは思えないダメな部分が多くて……この文章を書いている最中ですら、「私ってほんとダメなやつだな~」って思います。

 

けれど、自分がいくら“ダメな人間”であっても、その物事が“良いこと”なのか“悪いなこと”なのかくらいはちゃんと判断できます。問題は、分かっていて改善しようとしないことですが……。

 

しかし、私には“悪いこと”とされがちな“妥協する”ということが、決して悪いことのようには思えません。むしろ“妥協する”ことって、今の姿を見せてくれる。ありのままの自分を受け入れることができるような気がします。

 

みな、さまざまな物事において理想があって、それに近づこうと奮闘するけれど、かえって自分を追いつめたり、今の環境が変わってしまうことを恐れて、新たな一歩に挑戦できなくて、臆病になってしまったり

 

私は理想を追い求めることより“妥協”することのほうが自身を幸せにしてくれると思うのです。

 

自分の理想と現実を完全一致させることよりも、“今”を受け入れ、足りないところを埋めつつも”妥協する”ことに“情”を感じることができるから。 特に人と人の間にはいろいろな色の“情”を感じたい。

 

どうして、今の段階で今の状況を受け入れられないのか。

理想とちがうこの現実は“悪いこと”なのか。

“妥協する”ことってその人やモノの“今”を受け入れる「情」の表れではないかと。

 

理想を重視し、“今”を不可とするより“”とする“妥協できる人”は、人と人との間にさまざまな「情」を持って接することのできる愛情深い人だと思います。

はじめから完璧なのであれば人は成長する意味もないし、人もモノも完璧であるほど、それ以上の評価を得ることはできない。

 

みな理想を持っているから、理想と現実の不一致に落ち込んで疲れている。ならば、ちょっとの間でも“妥協”して休憩するのもいいのではないかと思います。その休憩こそが「ちょっとしたしあわせ」に繋がるはずです。

 

Photo by Pinterest

Mojo

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ