ライフスタイル

2014.04.07 UP

「あの人、変だよね」女友だちに「今すぐ」聞いたほうがいい事


01569df576def4c0a711831436938406

友人のKとMと久しぶりに飲みに行ったときのことでした。

あの人、おかしかったよね

話の流れからふと、Kがそう言ったのです。

うん、おかしかった

Mも相槌を打つ。はっ? もしかして、それってTちゃんのこと?

そう

 

声を合わせながら、ふたりして申し訳なさそうに言ったのです。

Tちゃんっていうのは、20代の頃に私がつきあっていた人のことです。9つ年上で、何でも買ってくれて、穏やかな性格だったから、私も「いいな」と思っていた人です。

 

「そんなにケンカするなら、別れたらいいのにって、ずっと思っていたのよ」

 

つい先日も、会社の先輩だった人にそう言われたのでした。私は、ぽかんと口を開けたまま次の言葉が見つかりませんでした。

つまりが友達3人から、私の過去の彼氏をダメだしされたわけです。結局、その人とは別れたのだけれど、どうしてその時に言ってくれなかったんだ? あの時の3年間は、いったい何だったんだ、と思ったわけです。

 

「だって、どんなに言ったところで、通じなかったでしょう。まぁ、桃子がいいのなら、と思ったのよ」

Mの言葉にKも頷いています。

「だけどあの人、小学校の先生だったのよね。あんな人が先生だなんて、どうなってんのかしらね

Kが留めの一発を放ったのでした。

 

もし、今つきあっている人がいるのなら、親しい友人に会ってもらうことをお勧めします。直接的でなく、遠まわしに「どう思う?」って聞いてみる。「変な人ね」と言われたら、家に帰ってひとりでどこが変かを考える。

 

まぁ、人間だから変なのは当たり前。どうってことがないのなら、そのままつきあってもいいかもしれませんけど、そうじゃない場合は、もう一度、冷静になって考えてみましょう。

 

私も変わった人間だから、人のことをとやかく言えた義理じゃないけれど、言われてみると確かに変な人だった、と20代の頃を思い出しながら、納得したのでした。今となっては、笑い話みたいなものですけどね。

 

恋、がしたいなぁ……」桜舞い散る中、私がつぶやいた時でした。

「はい、はい、勝手にすれば。だけど、私たちはそのあとのことは知らないからね」

KとMの言葉に思わず、苦笑いをしならがら、思ったのでした。

 

どんなに反論したところで、この人たちの言うことに、間違いはないんだな。

そんなことを考えながら、「ビール、おかわりする?」と聞いた私でした。

 

Photo by Pinterest

かわの ももこ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ